長洲未来って誰?日本の名前なのにアメリカ選手のなぜ?

スポーツ
スケート少女
スポンサーリンク

こんにちは!

やすです。

2018年平昌オリンピックが絶賛開催中の中、毎回注目される冬のスポーツと芸術に代表されるフィギュアスケートで団体の女子フリーにて長洲未来(ながすみらい)が注目されています。

女子フィギュアスケートとしては五輪史上3人目となるトリプルアクセルを成功させて、観客を魅了しました。
そんな長洲未来ですが、日本人の名前なのにアメリカで出場してるのはなぜ?

長洲未来とはどんな人?など今回は長洲未来にクローズアップしてみました。

スポンサーリンク

長洲未来はどんな人?

女子フィギュアスケート史上8人目、五輪実績では3人目、アメリカ女子としては2人目のトリプルアクセルを成功させ、突如として注目されるようになった長洲未来とどんな人なのでしょうか?

長洲未来のプロフィール

名前 長洲未来(ながすみらい)
代表国 アメリカ合衆国
生年月日 1993年4月16日(24歳)
出生地 カリフォルニア州モンテベロ
身長 164cm
体重 50kg

引用:https://www.instagram.com/mirainagasu/

長洲未来の経歴

アメリカロサンゼルスで寿司屋を経営する日本出身の両親の間に生まれる。

はじめは両親とゴルフを習っていたが、5歳の頃に悪天候だったために近所のスケートリンクに遊びに行ったことがきっかけでスケートにのめりこむことになる。

資金不足で苦労が多かったが努力と才能で2007年全米選手権ジュニアクラスで優勝する。

その後日本スケート連盟が長洲未来に日本への移籍を打診するが、育ってきたアメリカで米国代表として今後も活躍する意向を示す。

国籍留保によってアメリカと日本の二つの国籍を保持していて、本人は「日本が大好きなアメリカ人」と語っていて、もっとも大好きな選手として浅田真央を挙げている。

日本人の両親の元で育っているので日本語は話せるが、読み書きは苦手なんだそう。

日本からもアメリカからも手紙が届くことについて「非常に自分はラッキーだ」と語り、ポジティブで屈託のない笑顔で人々を魅了する。

ジュニアの頃から波はありつつもバンクーバーオリンピックに出場し、総合4位入賞を果す。

残念ながらソチオリンピックの選考には惜しくももれてしまったが、今回平昌オリンピックでは2大会ぶりに2回目の出場がかない、今回トリプルアクセルで人々を魅了した。

スポンサーリンク

長洲未来の性格は?

女子で最高難度といわれるトリプルアクセルを成功させることにこだわりを見せているのは浅田真央へのあこがれが強く、五輪では伊藤みどり浅田真央に続く3人目の快挙をとるに至った。

試合後に日本語で取材に応じて、「すっごくうれしい!」

と満面の笑みを浮かべた。

浅田真央へのリスペクトは8年前にさかのぼる。「五輪でのプレッシャーの中でのジャンプを見て、自分も人々を魅了できるようなジャンプを跳びたいと思い続けてきた。」

そしてその願いがかなった長洲未来はあこがれの日本ではなく、あくまでも米国代表で活躍を続けてことから芯が強く、恩をしっかりと返す義の心を持つまるで日本古来の女性のようです。

また、浅田真央やライバル達をリスペクトしながらも己の心技を高めるというアスリートとして裏表のない清い精神の持ち主でもあります。

まだオリンピックは続きます。残りの競技の活躍を期待しています。

スポンサーリンク

まとめ

長洲未来が五輪史上3人目となるトリプルアクセル成功の快挙
アメリカと日本の国籍を持つバイリンガル

以上、やすがお送りしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました