須藤凜々花がドン引き結婚宣言してから現在!有言実行の新婚生活は?

芸能人
スポンサーリンク

こんにちは。

やすです!

須藤凛々花がドン引き結婚宣言をしてからもうすぐ1年経つんですね。

時が流れるのは早いわ~。おじさん怖い・・・

国民的アイドルであるAKB総選挙で日本中が注目する中での結婚宣言で様々な物議を起こした張本人がなんとここにきて結婚入籍をしたとの発表をしました。

なんと21歳にして有言実行の結婚!

後悔がさきにみえてますよ!

そんな須藤凛々花は今月から新婚生活を送っているそうです。

今回は須藤凛々花がドン引き結婚宣言したその後から現在までのこと、新婚生活はどうなっているかを書いていきたいと思います。

須藤凛々花のプロフィール

私をはじめ須藤凛々花の世間一般の知識というのは結婚宣言したというくらいの薄い知識しかないと思うので簡単にプロフィールを載せたいと思います。

須藤 凜々花(すとうりりか)
プロフィール
愛称 りりぽん
生年月日 1996年11月23日
現年齢 21歳
出身地 日本・東京都
血液型 A型
公称サイズ(2017年時点)
身長 / 体重 158.4 cm / 41 kg
BMI 16.3
活動期間 2013年 –
備考 元NMB48 チームN
事務所 Showtitle

引用:wiki

あれだけの炎上騒ぎを起こしたのですから、さすがに元NMB48となっていますね。

NMB時代での活躍もめざましかったらしく、NMB48の顔とも言えるキャプテンの”さや姉”こと山本彩に続く、冠番組を持つほどの実力で昨年のAKB総選挙ではなんと20位という大躍進を果たしたのです。

にもかかわらず、”ドン引き結婚宣言”によって並居るAKBグループの大先輩達を大激怒させてしまい、ファンを裏切る行為として世間でも大炎上したのは記憶にも新しいことですね。

スポンサーリンク

ドン引き結婚宣言した時の反応とその後

須藤凛々花はアイドルとしての大躍進の途中で、アイドルとしてはご法度である”交際”を飛び越えての”結婚”宣言という常識では考えられないことをスピーチして、数日後には引退を発表しています。

このときのAKBグループの反応といったらすごいものがありましたね。

明確には”恋愛禁止”というルールはないらしいのですが、誰もがこの暗黙の了解である恋愛禁止を守りアイドルを演じているわけです。

ファンは当然そのことを承知しながら推しメンといいつつ割り切って熱狂するのがアイドル活動のライフサイクルというものです。

アイドルに関わる事件というのは今まででいろんなものがありましたが、ファンは長い時間をかけてこのアイドルという地位を守り続けていたわけです。

それなのに須藤凛々花は突如として常識を遥かに超える事態を招いてしまったわけなんですよね。

同じアイドルグループの先輩の反応をみてみたいと思います。

大島優子の場合

これが私の気持ちということで”F◯CK”と書かれた帽子を見せる。

高橋朱里の場合

「アンダーガールズ(17~32位)の、そこまで上げてくれたファンのみなさんがいる中で、結婚したいとか結婚しますとか、そういうファンの皆さんが複雑な気持ちになってしまうことを言うメンバーを見て、それまでに流していたメンバーの涙の気持ちを考えると、本当に胸が痛いです

まゆゆの場合

は??

高橋みなみの場合

大島優子と合わせてこの顔

出典:Youtubetrend

とまぁこんな感じで握りこぶしを隠しながらも大批判をしていたわけですね。

それを代弁するようにファンが気遣うというツイートなども散見されました。

この総選挙が6月にあり、8月末でNMBでの活動を卒業しました。

その後もタレント活動を続けながら中退していた高校に入り直して卒業の資格だけは取ったそうですが、結婚するのに何の意味があるのか?

と、すごく不思議に思っていたんですが、将来の子供のためにも高校だけは卒業しておきなさいと実&義理の親から言われたのかもしれないですね。

その後も欲張って大学受験までしたそうですが、失敗に終わったとのことです…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

新婚生活ではコスプレをする?

そんな須藤凛々花は新婚生活でのことについてこんなことを語っています。

旦那さんのマンネリを防止するためコスプレに挑戦する計画があると喜んで話してました

ということでまだ計画段階ですが、すでに先のことを考えているようですね。

そんなことをしないでもほんとに愛する同士であればじいさんばあさんの時代になっても手をつないで歩くくらいするんですけどね。(台所洗剤のCMとかだけの妄想ですかね?)

スポンサーリンク

まとめ

結婚宣言から約10ヶ月経ち、有言実行で結婚までこぎつけた須藤凛々花ですが、大事なのはこれから。

タレント活動は続けていくので、炎上女としての地位を利用して今後の活躍にも目を配っていきたいですね。

以上、やすがお送りしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました