はしか(麻しん)が2018年になぜ流行?ワクチンの料金が気になる!

国内ニュース
スポンサーリンク

こんにちは。

やすです!

はしかの流行がまだ止まりません。

名古屋での感染者がまたあらたに増えましたね。

関連記事

はしかが日本で流行するのはなぜ?ワクチン接種や注意点は?【2019】
こんにちは!2019年になってもはしかが大流行している兆しがあるようですね。昨年にもはしか感染拡大でGWを直撃するという事態があったくらいに社会問題になりましたが、2019年になってからまた感染ペースが早くなり、過去10年間で患者数増...

はしか大流行でGW直撃!?沖縄愛知と感染拡大を続けてパンデミックに!?
はしか流行で妊婦が注意するべき事象・場所の一覧を調査してみた!

それがなんと中学生2人というからまた驚きです。

なぜ驚きなのかというと、医療従事者の30代看護師はまた別として、海外から感染して帰国した名古屋の男性はまだ10代。

そして今回の新たな感染者は中学生。

どちらもまだ若いが、ワクチンの2回定期摂取の対象者であるからです。

なぜ2回のワクチン摂取を経て、はしかへの免疫を盤石にした人達が今回感染しているのか?

30代看護師の人との違いとはなんなのか?

そのあたりをあきらかにして、はしかの流行に戦々恐々としている私達はどう対応すればいいのかをまとめていきたいと思います。

また、今ワクチンを摂取したほうが良い人は?

ワクチン接種にあたってかかる料金はいくらかを調べてみました。

スポンサーリンク

ワクチン2回の定期摂取対象者

日本では1990年(平成2年)4月2日以降に産まれた人(現在で27歳以下、もしくは今年の4月2日で28歳になった人)は、麻しんワクチン接種が2回の人で免疫が盤石になっているはずの人です。

つまり今回麻疹(麻しん・はしか)に感染してしまった人は30代の看護師を除けば全て10代にあたり、2回のワクチンを摂取しているはずの人である。

ではどうして今回感染してしまったのでしょうか?

まずワクチン2回摂取の定義についてですが、

第1期 満1歳〜満2歳未満の1年間(ただし地域で流行しているときは、自費で生後6か月からでも受けられる)
第2期 小学校就学前年の4月1日 – 3月31日

となっています。

これはこの間に必ず予防摂取を受けてくださいという目安ではありますが、強制や義務というものではないということで、単純に1回しか摂取していなかったりなどの可能性があります。

もうひとつの可能性としては2回のワクチンを摂取していても100%はしかの感染を防ぐことはできないということです。

そして2回摂取した人よりも一度でも麻疹に感染してしまった人のほうが抗体が確実になります。

今回感染してしまった人は上記のいずれかに当たると思われます。

スポンサーリンク

ワクチン1回もしくは任意接種対象者

年代としては1977年(昭和52年)4月2日~1990年4月1日の間に産まれた人はワクチンが1回摂取になります。

年齢としては28歳~41歳の人はこの対象になります。

ワクチンが一回の場合、時間の経過によって抗体が薄れていく可能性が高いそうです。

ただしその年代ではまだはしかというのが今よりもずっと身近に存在していたために、感染して抗体ができている人も多数います。

スポンサーリンク

ワクチン摂取したほうがいい人

上記のことを踏まえると、1990年4月1日以前に産まれた人で、まだはしかの感染の経験がない人、およびワクチン2回摂取の対象者であるが、しっかりと2回予防接種をしていない人というのが、気をつけるべき人ということになります。

スポンサーリンク

麻しんワクチンを自費で摂取する場合の料金

では麻しんワクチンを自費で摂取する場合の料金はいくらなのか、その料金を調べてみました。

国が定めているMRワクチン摂取対象者が対象の時期に接種すれば無料になりますが、その他の場合には全て自費ということになります。

自費の場合では医療機関によっては料金に違いがでますが、目安として

MRワクチン(麻しん・風しん混合)の場合、1万数千円程度となります。

麻しんワクチン(麻しん単体)の場合、1万円弱程度になります。

現時点で麻しんのワクチンの需要が高まってますので、まずは医療機関にお問い合わせをして予約してから予防接種を受けてください。

スポンサーリンク

まとめ

今回特に注意すべきところは、時期がGW(ゴールデンウィーク)直前ということで、この時期に人の多い所に移動するという方や妊婦さんや0歳時は状況に応じて予防接種を受けるなど適切な対応を考える必要があります。

また海外渡航や現時点ではしかが流行してる沖縄への旅行を計画してる人はとくに注意が必要ですね。

以上、やすがお送りしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました