高樹沙耶(益戸育江)のブログ発言で再び波紋!日本に必要な事とは?

芸能人
出典:http://news.livedoor.com/article/detail/12450299/
スポンサーリンク

こんにちは。

やすです!

元女優の高樹沙耶こと本名益戸育江が4ヶ月ぶりにブログを更新し逮捕に関することや大麻のことなどの自分の意見を思い思いに書き、世間では「まだ反省してない?」と騒がれています。

高樹沙耶は2016年10月25日に大麻取締法違反(所持)の容疑で現行犯逮捕され、2017年4月27日に懲役1年、執行猶予3年の有罪判決を受けた。

高樹沙耶は1500坪の土地にコテージ「虹の豆 浮世離れ」を建てて、経営管理を現在もしています。

その高樹沙耶が今年の1月の新年の挨拶以降、久しぶりにブログを更新し、その内容で逮捕前とまったく変わらない意志をもっているということを世間に知らしめました。

私も今回のことで興味をもった内容だったのでこの記事を書いていきたい。

スポンサーリンク

高樹沙耶の経略

まず高樹沙耶がどんな人なのか簡単に紹介してみます。

・1963年8月21日に静岡県浜松市に産まれ現在54歳。
・17歳で状況し、女優デビュー
・作詞家としても活動も続け、1998年に中西圭三と結婚し、2年後に離婚
・ハワイに移住し、フリーダイビングの日本新記録を打ち立てる。
・その後日本に戻り、沖縄県石垣島で「虹の豆 浮世離れ」を経営。
・2012年女優業を引退。

といった形でその後は大麻草検証委員会としても民泊ビジネスの経営者としても活動を継続している。

これを見て、とにかく思い込んだら行動に移すという非常に意思が強く、ストイックな部分が強調されます。

それだけに大麻のメリットを知ってそれにのめり込んでしまったんでしょうね。

それにしても大麻のメリットってなんなんでしょうか?

スポンサーリンク

高樹沙耶が思っていること

医療用大麻という日本に存在しない麻薬について高樹沙耶は声高に日本に必要なことと活動家となってから言い続けていますが、

それはどんなものなのか知らない人も多いと思います。

「リウマチやガンにおける痛みの緩和、てんかん発作の抑制、緑内障患者の眼圧降下、炎症の軽減、不眠解消効果などが期待される」

引用:https://jisin.jp/serial/エンタメ/エンタメ/26239

というように既存の薬では副作用が非常に強く、様々な問題点を解消したりなどのメリットがあるようです。

「大麻を医療で用いることについて、様々な可能性が捨てきれない部分はたしかにあります。しかし、日本で大麻所持は法的に禁止されています。そのため、賛成派も研究できないのが現状です」

しかし、このようにとにかく日本では”ダメ!絶対”と言われるようにとにかくダメなものなので、まったく話が進まないという現実もあります。

それを高樹沙耶は逮捕し、実刑を受けながらも10年近く訴え続けているのはやはり自分がその経験者ということもあるし、それによって救われた人を見てきてるからなんだと思います。

この先も長い闘いが待っているのを覚悟して・・・

スポンサーリンク

世間の意見は賛否両論

世間はやはり「(逮捕されたのに)反省してない?」との声が中心ですが、

ツイッターなどでは理解を示す声も多く、今後の成り行きが非常に気になるところです。

そのいくつかをピックアップしてみます。

叩く人も多いが、元女優の高樹沙耶さんには、医療大麻の発信を頑張ってほしい。
TVで医者は「既存の薬があり、医療大麻不要」言うが、ウソ。
既存の薬ではダメな(副作用強い等)難病が多くある。
大麻の製剤(サティベックス等)は神経、免疫系を中心に効き、QOLを改善する。だから海外で続いてる。

どうやったら解禁されるのか
誰かが実験して医学的に人間にダメって証明したのか。
調べてから高樹沙耶なり色々調べて欲しい!
高樹沙耶が望んでいる事はわかる。
自由そのものだ!

私は高樹沙耶さんを応援します。

もう欧米での合法化の波は止まりません。税収が増えることも証明され、大麻関連企業が株式上場する時代です。いつか必ず日本もその波に飲まれるときが来ます。

時間はかかるでしょうが、必ず沙耶さんが微笑む時代がやって来ます!

スポンサーリンク

まとめ

私個人の意見としては日本は”とにかく麻薬は絶対にダメだから”ということを頭ごなしに据え付けられていることから、その話題に触れることすらない人が大多数になっていると思います。

それだと世界でどれだけ合法化されようが、日本は知った所ではなく、話し合いにもならない最低な状況に陥ってしまうと思います。

まずは相手(麻薬のことや活動家のこと)を知る」が第一段階としてあると思っています。

以上、やすがお送りしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました