平井真美子と直太朗との馴れ初めは?結婚決めた理由はやっぱり妊娠!?

有名人
スポンサーリンク

こんにちは。

やすです!

代表作「さくら(独唱)」などを持つシンガー・ソングライターの森山直太朗と作曲家でありピアニストである平井真美子が結婚していたというニュースを聴きました。

森山直太朗自体久しぶりでどんな人だったかなと考えちゃったんですが、平井真美子という方は聞き慣れない人ですよね。

平井真美子がどんな人なのか、私も知りたかったし、世間の人達もあまり知らないんじゃないかと思いましたので、

この記事では主に平井真美子にフォーカスして書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

平井真美子のプロフィール

出典:https://twitter.com/

名前:平井真美子(ひらいまみこ)
生まれた年:1976年(41歳)
出身:京都府
大学:桐朋学園大学音楽部ピアノ科卒業

プロフィールの情報についてはほとんどなかったんですが、音楽のお仕事の作品や活動については幅広く精力的に動いていて、見た目はおとなし目であるけど、非常に多才であって芯の強い女性なんだなと感じました。

主な活動

2013年4月 Piano Diary シリーズ2作目のオリジナル・ピアノアルバム「夢の途中」を発表 。近年、アーチストへの楽曲提供も行っている。
2012年 新進気鋭のアーティストに贈られるアメリカの S&R Washington Award 受賞。
2017年 ワシントンD.C.にて歴史古い National Cherry Blossom Festival のオープニングアクトの作曲・出演を務めた。
引用:http://hirai-mamiko.com/

セカンドアルバムの「夢の途中」の中にある一曲です。

私は音楽の成績が1だったので表現する語彙なんてものはまったく持ち合わせていないんですが、繊細で非常に美しい音色だと思います。

2017年のテレビドラマの「過保護のカホコ」での楽曲提供もしています。

出典:http://hirai-mamiko.com

スポンサーリンク

平井真美子と森山直太朗の馴れ初めは?

詳しい日時はわかっていませんが、最近になって婚姻届を出した森山直太朗と平井真美子。

結婚に至る馴れ初めとはどんなものだったんでしょうか。

10年以上前の森山直太朗の活動の一環でサポートピアニストを平井真美子が務めたところで知り合ったそうです。

そして同じ1976年生まれ同士であることがきっかけとなり、音楽の話などで盛り上がる一方、その音楽に対する考え方、感じ方、活動への姿勢などお互いに惹かれ合って自然と交際に結びついていたとのことです。

ファンの間では二人の関係というのは有名だったようで、ネットでも祝福の声が多数上がっています。

スポンサーリンク

平井真美子と森山直太朗が結婚決めた理由は妊娠?

これも気になるところですよね。

10年以上に渡って交際を続けて、40歳という節目をまたいでおきながらここにきて急に結婚。

やっぱり何か結婚を決める理由があるんじゃないかと考えてしまいます。

しかしそういった公式の報告などは散見されず、シークレットとなっていますが、森山直太朗や平井真美子の公式の発表があればそういったところでの報告というのもあるのかなと思います。

もし妊娠していれば初産で高齢出産という難易度が高い妊娠ということになりますので慎重になりますよね。

スポンサーリンク

ネットの反応

やっぱりファンの間では二人の関係は周知の事実だったようで喜びの声が多く上がってます。

よかったね!おめでとう!嬉しい!

えーーーっ!?急過ぎてビックリ!メガネびいきで小木さんが何言うか楽しみだな。

平井真美子さん写真で見た見たら、直太朗さんにちょっぴり似てる笑

やっぱ運命の人って雰囲気似てるんだな〜(*^^*)

やっぱりなぁ。
うん、そんな気がしてた。平井真美子さん素敵な方だし空気感が同じだなと思ってたから良かった安心した。これから充実した楽曲がますます楽しみです。

スポンサーリンク

まとめ

平井真美子はメディア露出こそほとんどありませんが、実は非常に活動的な人であることが判明しました。

また、森山直太朗は母が森山良子だったり親戚にムッシュかまやつがいたりともともと音楽一家であったために、この一家のDNAに新たに音楽の才能が入り込むことについての話題が非常に多いです。

もし妊娠しているのであれば、全力で応援していきたいですね。

以上、やすがお送りしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました