鶴舞公園の紫陽花(あじさい)2019の見頃やイベントが気になる!

テーマパーク・イベント
スポンサーリンク

梅雨の時期が近くなってくるとそれが終われば夏。

なんて考える人も多いと思います。

でも梅雨を楽しむ人も世の中にはいるのです。

紫陽花(あじさい)はその代表格ですよね。

今回は名古屋の地下鉄で行ける愛知県名古屋市昭和区の鶴舞公園の紫陽花を紹介していきたいと思います。

2019年名古屋市鶴舞公園の紫陽花の見頃やイベントやアクセスについて掲載していきます。

スポンサーリンク

鶴舞公園の紫陽花や他の花の魅力

鶴舞公園では名古屋市では最大級の紫陽花の風景を楽しむことができます。

3500株以上の紫陽花が咲き乱れる遊歩道が鶴舞公園にはあります。

あじさいの散歩道というらしいですよ。

期間

紫陽花の時期としては5月下旬~7月初旬が旬の時期となっていて、特に鶴舞公園では開花による入場規制などの日時を取り決めていません。

自分のご都合に合わせたタイミングで無料で楽しむことができるようになっています。

また紫陽花だけではなく、花菖蒲などの季節が重なる花などを楽しむことができるのも鶴舞公園の魅力のひとつでもあります。

ハナショウブ展については

日程:6/2(土) ~6/10(日) ←2018年情報

緑化センターにて開催されています

見頃

上にも書きましたが、ハナショウブ展と合わせるならば6月の初旬が抜群によいタイミングとなります。

紫陽花だけにしぼるのなら6月中旬からのほうが満開になっている可能性が高いですね。

イベント

人気のアジサイ展というものがハナショウブ展の次週から開催されます。

日程:6/16(土) ~6/17(日)(※2018年情報)

また紫陽花とは関係ないですが、あじさい展の次週には

夏の斑入り植物と山野草展
日時:6/22(金) ~6/24(日)(※2018年情報)

ハーブ展
日時:6/27(水) ~7/1(日) (※2018年情報)

となっていて、緑化センターは毎週違うイベントが開催されていて、忙しそうですね。

アクセス

やはり名古屋市の中心地といっても過言ではない土地ですので、公共交通機関でのアクセスが一番都合がいいですね。

名古屋市地下鉄

・地下鉄鶴舞線「鶴舞」下車、4番出口

JR

・JR中央本線「鶴舞」下車

市バス

・市バス「鶴舞公園前」下車

自家用車

鶴舞公園の南北に駐車場があります。

鶴舞公園北駐車場:30分で180円(183台分)

鶴舞公園南駐車場:30分で150円(92台分)

紫陽花の散歩道にすぐ行きたい場合は南駐車場のほうが便利ですが、イベントや土日祝などは混雑しています。

気になる方は指定管理者 公益財団法人名古屋市みどりの協会までお問い合わせください。

電話:052-733-8340

名古屋市の中心地なので、周りに有料コインパーキングがたくさんあります。

そちらを使うほうが無難ですね。

いたるところにあります。

スポンサーリンク

園内の図

あじさいの散歩道は南の真ん中にあるこどもの広場に隣接する遊歩道にあります。

鶴舞公園の園内図

スポンサーリンク

まとめ

特別な紫陽花のイベントを実施しているわけでもなく、見頃の期間を設けているわけではありませんが、無料で楽しむことができて、名古屋市の地下鉄で気軽に行くことができる市民にとって非常に親しみやすい紫陽花の名所になります。

以上、やすがお送りしました。

関連記事

大塚性海寺歴史公園稲沢あじさい祭り2018の紫陽花見頃は!?
形原温泉あじさいの里の紫陽花・2018の見頃・期間をチェック!

コメント

タイトルとURLをコピーしました