広瀬香美が移籍した理由はなぜ?次の芸名や名曲たちはどうなる?

芸能人
スポンサーリンク

こんにちは。

やすです!

冬のシンガーソングライターで超有名な、というか夏のTUBEなら冬の広瀬香美と言われるほど(私だけ?)冬の女王のイメージの強い広瀬香美が芸能事務所を移籍し、移った先での「広瀬香美」という芸名を使うことは許さないと元事務所が発表しました。

これはなんぞや?

でもなんかこんなちょっと前ではよく聞いた話ですよね。

少し古い話では新加勢大周・坂本一生のこととか、一世風靡した朝ドラヒロインの能年玲奈・のんとか出家して騒動を巻き起こした清水富美加・千眼美子など芸名を使うな問題はたまに聞くネタです。

これは芸名はイコール芸能事務所に所属する商品と見立てているのでそれで活動していれば、それは商品を扱う芸能事務所に帰属するという考えでよく取り沙汰される問題ですよね。

でも理不尽な話では能年玲奈の場合では本名なのに移籍先では能年玲奈を名乗るなってひどくないですかね?

その芸名では数々のヒットソングを出しているわけですから、その名前が使えないと当然その名前に紐付いている名曲達はどうなるんでしょうか。

そんな話が今回も勃発しているんです。

今回はそのあたりにクローズアップしていきたいと思います。

スポンサーリンク

広瀬香美が移籍した理由はなぜ?

ここが一番気になるところですよね。

移籍前の事務所:オフィスサーティー

移籍後の事務所:Muse Endeavor inc.(女神努力株式会社)

元所属事務所については早速広瀬香美の活動休止を発表しています。

公式HPでの発表については以下の通りです。

株式会社オフィスサーティー所属アーティストとして「広瀬香美」の芸名で活動しておりました石井麻美は、2018年5月28日付でインターネットにおいて「新たな事務所に移りました」等と発表しました。弊社に事前の相談もなく、一方的な「独立宣言」を発表され弊社スタッフ一同、大変困惑しております。
「広瀬香美」は弊社代表取締役である平野ヨーイチが命名した芸名であり、「広瀬香美」の芸名の使用権限は、弊社及び平野ヨーイチに帰属しており、弊社所属アーティストとしての活動以外には、「広瀬香美」の芸名を使用できません。

それ故,広瀬香美は本日を持ちまして、すべてのアーティスト活動を休止いたします。

みなさま長きにわたりご声援戴きありがとうございました。

引用:http://hirose-kohmi.jp/

今なおこのページは存続していますが、新しい所属事務所のHPは現在ストップされており、閲覧することがかないません。

かなり深刻な状況に陥っていることがわかりますね。

数々のネットの情報によってもこの電撃移籍の理由については公表されておらず、まったく真相がつかめない状況です。

分かり次第追記していきますが、視聴者にとっても確かに一方的・そして電撃的すぎる衝撃として受け止められていることは事実であり、お互いが感情的になっているとしか思えないような表面を表しています。

ちなみに広瀬香美のfacebookではこういった書き込みになっていて、生まれ変わった広瀬香美としての再スタートを誓ったままになっている。

広瀬香美は、新たな事務所にて活動も新たにスタートを切りました。
社名はMuse Endeavor .inc (女神努力株式会社)です。
本日、新たなHPが公開されましたので、
ウェブでお気に入り登録してくださっている皆さまは、
新しいHPへ変更をお願い致します。
今後ともご贔屓に、ますますの温かい応援を
どうぞよろしくお願いいたします。

引用:https://www.facebook.com/kohmi.hirose/

もうこうなってくると一般人にはどういったことになっているか、さっぱりわからず混乱するばかりです。

もう一歩踏み込んだ情報というのが早くほしいですよね。

スポンサーリンク

広瀬香美が移籍した先で名乗る芸名は何?

気になることのその2です。

広瀬香美がだめならどうなるんでしょうか?

めちゃくちゃきになりますよね。

使えないならもう引退するしかないんじゃないのかとまで心配してしまいます。

でも本名は違ってこれについても公表されています。

”石井麻美”です。

なんかこれもいい名前ですよね。

清楚なお嬢様って感じがします。(個人的意見)

でもこれから適当な名前をつけるわけにはいかないですよね。

作品の作詞・作曲者の名前とか困っちゃいますし。

だから半々で取るんだったらそんなに影響がないんじゃないかとかんがえちゃいますよね。

例えば

石井香美

もしくは

広瀬麻美

なんか普通に美人な女優さんみたいな芸名ですよね。

いっそのことそれでもいいんじゃないかと思えてきます。

スポンサーリンク

広瀬香美が残した名曲たちはどうなる?

一番肝心なのはこれまでの発表してきた名曲の数々でしょうかね。

いくら広瀬香美が曲作りに参加していても、全部引っ張ってくるのは難しいと思います。

事務所がなければ「ロマンスの神様」はなかったかもしれませんし、アルペンがスポンサーにつくこともなかったかもしれませんし、そもそも有名になってないかもしれませんしね。

でも確実に名曲を名曲たらしめてきたのは当然広瀬香美本人でございます。

この曲を奪い取るなんて非人道的なことをしてしまえば、その事務所も地獄におちますよね。

なかなか円満な解決なんて難しいですよね。

でも諦めなければ乗り越えられる問題だと思ってます。

スポンサーリンク

まとめ

広瀬香美が事務所移籍で思わぬ急展開に陥っている。

芸名が今後どうなっていくのかが一番の焦点で、未だ方針は決まっていない。

名曲たちの帰属がどうなるかというところが、非常に際どい焦点になってきてますよね。

とりあえず現時点では活動休止に追い込まれてますので今後の動きに注目です。

以上、やすがお送りしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました