船戸雄大・優里の顔画像特定!結愛ちゃんの泣ける手記全文と事件の概要!

国内ニュース
スポンサーリンク

こんにちは。

やすです!

段階的に渡って報道されてきた5歳児女児虐待死の事件ですが、今回の船戸雄大と優里の保護責任者遺棄致死罪の容疑での逮捕と結愛ちゃんの手記(ノート)の公開で一気に再度の社会問題になりましたね。

また、結愛ちゃんへの虐待の事実がわかっていて、2度も保護しているのにもかかわらず、最悪の事態を回避できなかった児童相談所の対応への疑問と社会制度・法制度への疑問が日本中で沸き起こりました。

この記事では船戸雄大・優里容疑者の情報と結愛ちゃんの手記の公開における全文と事件の概要について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

今回逮捕された容疑について

今年の3月に東京都目黒区で5歳女児が両親の虐待の末に死亡した事件の関連して、保護責任者遺棄致死の疑いで6月に両親の逮捕となりました。

東京・目黒区の船戸結愛(ゆあ)ちゃん(5)が両親の虐待の末に死亡した事件で、警視庁は父親の無職、船戸雄大容疑者(33)を保護責任者遺棄致死の疑いで再逮捕し、母親の優里容疑者(25)も同容疑で逮捕した。

引用:http://news.livedoor.com/article/detail/14830185/

長期間に渡ってろくな食事も与えられず、殴られたりなどの虐待を受けての衰弱死という大変痛ましい事件で社会問題となりました。

今回の逮捕劇で世間での話題の再沸騰となりました。

スポンサーリンク

船戸雄大・優里の顔画像とその他情報

それでは優愛ちゃんの両親であり、優愛ちゃんを虐待死させた二人を見ていきましょう。

優愛ちゃんの継父・船戸雄大について

名前:船戸雄大(ふなと ゆうだい)
年齢:33歳
職業:無職

出典:https://mainichi.jp/articles/20180607/k00/00m/040/200000c

これは3月に逮捕されたときのものなので、おそらく現在は(普通の神経の人なら)もっとやつれているはずです。

しかし普通の神経じゃないから今回の事件につながったんですよね。

優愛ちゃんの産みの親・船戸優里について

名前:船戸優里(ふなと ゆり)
年齢:25歳
職業:無職

出典:https://www.nishinippon.co.jp/nnp/photo/show/294711/

facebookもすでに特定されており、現在はまともに見れない状況になってますが、プリクラの写真もあります。

出典:facebook

スポンサーリンク

結愛ちゃんの手記(ノート)の全文

5歳の女児がこんな立派で長めの文章をかけることにまず驚きました。

もうパパとママにいわれなくてもしっかりとじぶんからきょうよりもっともっとあしたはできるようにするから もうおねがい ゆるして ゆるしてください おねがいします

ほんとうにもうおなじことはしません ゆるして きのうぜんぜんできてなかったこと これまでまいにちやってきたことをなおします

これまでどれだけあほみたいにあそんでいたか あそぶってあほみたいなことやめるので もうぜったいぜったいやらないからね ぜったいぜったいやくそくします
出典:https://www.asahi.com/articles/ASL665H8VL66UTIL04C.html?iref=pc_extlink

私の娘も5歳ですが、ひらがな1文字1文字書くのがやっとです。

しかも”く”とか”ち”とかがいつも反対になっていて、それが全然直らないんです・・・

脱線しましたが、こんな立派な手記を残すことができたのは、いびつな教育があったからのようです。

朝4時に起こされて、文字を書く練習をしていたそうです。

日常的に虐待を受けていて、ほんとに辛かったでしょうが、健気にもそういった理不尽な親のいいつけにも応え続け、5歳児とは思えないような考え方をもっていたことが伺えます。

結愛ちゃんができることは精一杯やっていたと思います。

それなのにもう遊ぶことすらさせてもらえず、そんな訳のわからない約束までさせられた現実がこの手記に残されていたようです。

無邪気な笑顔を見せる結愛ちゃん

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180607-00010003-fnnprimev-soci.view-000

脇を隠しているあたりほんとに可愛い仕草ですよね。

スポンサーリンク

手記に対する世間の反応

この結愛ちゃんの手記を警視庁が公表し、軒並み報道メディアでも取り上げられました。

世間の大勢の人がこのノートを見て涙しました。

著名人もこれに対し、嗚咽し数々のコメントを残しています。

ここでは載せませんが、おおよその意見は以下のようになります。

・結愛ちゃんが耐え続けてきた虐待についての同情。

・小さな女の子を理不尽な教育で虐待を続けた父親への憎悪。

・虐待を目の当たりにしながらも守ってやれなかった母親への苛立ち。

・幾度となく繰り返される虐待を知りながらも、助けてやれなかった児童相談所への疑問。

・事実を知りながらも、強制的に保護することが難しい行政のあり方の疑問と怒り。

・助ける手立てはあったのにもかかわらず、尊い命をなくしてしまったことへの失念。

いろんな感情をどこにもぶつけられず、悶々とした状況を語るしかないですよね。

結局のところ救えなかったのが事実ですから、これからこれを防ぐために動かなければならないんだという決意するきっかけにもなります。

スポンサーリンク

虐待の事実と事件の経緯

もともとは香川県に船戸一家は住んでいました。

日常的な虐待は遅くとも2016年のころからありました。

2016年に1回目の児童相談所の一時保護。

2017年に2回目の児童相談所の保護。

2017年2月と5月、香川県警が傷害容疑で雄大容疑者を書類送検したが、不起訴。

2017年8月末に病院から「こめかみ付近と太ももにあざがある」と通報されるが、県が一時保護の必要ななしと判断。

その後、香川県に居づらくなり、2018年1月に東京目黒区に転居。

2018年1月下旬、結愛ちゃんの食事が極端に減らされ、栄養失調状態にあった。

2018年2月9日、香川県の児相から引き継いだ品川児相が家庭訪問するが、結愛ちゃんに会えず。

2018年2月下旬、結愛ちゃんが衰弱して嘔吐するなどしたが、虐待の発覚を恐れて診療はさせずに放置。

2018年2月末、雄大容疑者が結愛ちゃんの殴って怪我をさせた傷害容疑で逮捕、起訴。

2018年3月2日、低栄養状態で起きた肺炎による敗血症で結愛ちゃん死亡。

このように、たくさんの分岐点があったにもかかわらず、その都度外部からの侵入ができずに結局結愛ちゃんは最悪な結果を受け入れるに至ったしまった。

結愛ちゃんに一切の罪はない。

雄大が結愛ちゃんを殴った理由については「言うことを聞かないから」

当然親ならそういった状況で殴りたくなる気持ちになることもあると思います。

だからといってそういった理不尽を子供に押し付けることはできないのです。

通常であればそこで常識というストッパーが働くもの。

雄大にはそれがなかった。

しかも食べ物もロクに与えないという意味のわからない虐待。

これにも歪んだ理由がありました。

「モデル体型にしたいから」

モデルにしたいの?

だったらなんで顔にアザができるの?

と問い詰めてやりたいですよね。

子供は生まれる環境を選べない。

本当に不幸に生まれてしまった現実を私達は震えて耐えるしかないのが現状です。

児童相談所の対応

今の所、児童相談所ができることは法の上では問題なかったという意見があります。

できることは全てやった。

しかし、ここまであからさまな継続的な虐待を把握しておきながら、家庭裁判所を通して強制的に親から引き離すといったことは判断できたはず。

それには時間がかかるといってもそういった特例を使わなければ、その特例の意味もないですし、なにしろ

2017年2月と5月、香川県警が傷害容疑で雄大容疑者を書類送検したが、不起訴。

2017年8月末に病院から「こめかみ付近と太ももにあざがある」と通報されるが、県が一時保護の必要ななしと判断。

ここの記述が非常に気になるところです。

穴があるとすればこのあたりだと思います。

ここから半年以上結愛ちゃんは虐待に耐えながらも必死に生きていたので、大人はとにかく子供の安全を最優先に動くべきだと思います。

スポンサーリンク

ネットの反応の概要

ネットの反応についてもテレビのほうと一緒なんですが、もっと過激ですね。

とくに極刑を望む声とか一生刑務所で反省文を書かせろなどといったものが多い中、やはり現在の児童保護についての制度の見直しについての声がとにかく多いような印象があります。

スポンサーリンク

まとめ

5歳女児虐待の事件については結愛ちゃんは亡くなり、両親ともに逮捕という結末になりました。

今回結愛ちゃんの手記(ノート)の公開でまた世間が児童保護についての熱い方向性を示しています。

私として気になっているところは船戸雄大と優里容疑者の間には長男がいたはずで、その子の将来が非常に心配です。

以上、やすがお送りしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました