米朝首脳会談落胆の声多数で失敗か?トランプとの電話の内容が気になる!

米朝首脳会談落胆の声多数で失敗か?トランプとの電話の内容が気になる!

こんにちは。

やすです!

昨日の米朝首脳会談は特に揉めることなく、無事に終えることができましたね。

スポンサードリンク

今回の金正恩とトランプ大統領の会談は歴史的な歩み寄りにおいて、非常に大きな意味を持つ会談だっただけに世間の注目はひたすらに大きく、私も仕事中ながらに気になってしょうがありませんでした。

関連記事:米朝首脳会談の内容次第で戦争ははじまる?トランプ思惑と安倍の反応!
     米朝首脳会談中止の原因・理由は?経緯とともにわかりやすく解説!

どこもかしこもテレビではこの米朝首脳会談のことについて報道をしまくってましたが、やっぱり思ったのが、

あれ?

結局、具体的なことって何が決まったの?

・完全なる非核化

・経済制裁はしばらくは続ける

こういったことについて合意署名をしたというところはわかりました。

しかしいつになってもそのことばかりニュースで語ってました。

拉致問題は?

と思いますよね。

そのあたりのことについてこの記事で探っていきたいと思います。

米朝首脳会談の報告で落胆の声があがる理由は何?

米朝首脳会談は成功とトランプ大統領は言っています。

もちろんそれはそうだと思います。

前もって用意された共同声明への文書に署名して、握手も交わしていますから。

歴史的な前進といってもよい今回のアメリカと北朝鮮の会談が滞りなく終えたことは好評価だと思いますし、成功とも言えます。

しかし、その共同声明の内容というのは

・朝鮮半島の完全な非核化

というものだけで他のことについては詳細を明かされていない。

日本政府がこれまで主張してきた非核化の具体的な期限。

完全かつ検証可能で不可逆的な非核化(CVID)などの肝心な文言は入っていない。

北朝鮮政策に関わってきた日本政府関係者からは”非核化としてはなってない”などとの声があがり、落胆していることも聞き取れる。

日本が今まで主張してきたのは、非核化はあくまでも前提条件。

それに加えて、拉致問題の解決が重要課題なんです。

それについて日米首脳会談でクギを刺しておいたはずなのに、何も意味がなかったととっている人が多いということで、この会談内容に期待できるという人は少ないようですね。

米朝首脳会談は失敗だったの?

実際のところこの米朝首脳会談は失敗だったのか?

と問われれば、それは「否」だと思います。

確かに日本にとって拉致問題とは非核化とはまた別問題で、長年に渡って取り組んできていた悲願の問題です。

しかし、世界的に見ればそれは非核化を成し遂げて、北朝鮮が国際的にも開かれた後での問題になるとの見方もあり、順番の問題のような気がします。

とにかく第一歩として、トランプ大統領と金正恩が共同声明に合意して署名をしたことは歴史的な前進といえるでしょう。

スポンサードリンク

安倍首相がトランプと電話で話した内容は?

この米朝首脳会談はあくまでもトランプ大統領と金正恩の会談なので、安倍総理はその前段階の日米首脳会談で話したきりである。

結局日本の期待通りとはいかない部分が多々あったが、形としては成功となりました。

その後、安倍総理とトランプ大統領は電話でその米朝首脳会談のことや今後についてのことを電話で話したということですが、その内容とはなんだったのか?

詳細について安倍首相の口から話されることはなかったようです。

しかし日本と北朝鮮がこの共同声明を足がかかりに北朝鮮との直接交渉していく方針がしっかりと固まったということですね。

当然この直接交渉が実現しないとなればまったく意味のないものとなってしまいますが、それは今後の日本トップの行動に期待するしかないですね。

まとめ

日米首脳会談は形としては一歩前進の結果となった。

拉致問題や非核化に向けた具体的な動きなどは明確になっておらず、課題は山積み。

今後の直接交渉の動きに注目。

以上、やすがお送りしました。

スポンサードリンク