大阪府北部地震の正式名称で名前が変わる!?命名の基準や目的は?

大阪府北部地震の正式名称で名前が変わる!?命名の基準や目的は?

こんにちは。

やすです!

2018年(平成30年)6月18日7時58分頃、日本の大阪府北部を震源として地震が発生しましたね。

スポンサードリンク

地震の規模はMj 6.1(暫定値)で、震源の深さは13 km(暫定値)震災となっていて、情報は時間ごとに更新され続けています。

愛知県にいた私でもけっこうな揺れを感じる地震でした。

この地域では特に南海トラフ巨大地震の話題がよく上ってくるためにかなりヒヤリとしました。

この地震の名前は暫定的に「大阪府北部地震」と命名されましたね。

しかし場合によっては地震の名前というのは後から変えられることがあるということを聞きました。

なんでも正式名称がつくとのことです。

それはなぜなのか?どういう理由で?どういう目的で?

と気になってしまったので調べてこの記事で書いていきたいと思います。

関連記事

こんにちは。 やすです! 6月18日に大阪府北部で発生した地震によって、高槻市では震度6弱を記録しました。 高槻市立寿栄小...
こんにちは。 やすです! 大阪府北部地震の影響はだんだんと落ち着いてきました。 しかしその中でブロック塀の建築基準について...

https://yasencer.net/2018/09/06/iburi-chihou-earthquake/

スポンサードリンク

正式名称って何?目的と基準についてはどうなっているの?

正式名称というのは気象庁がつけるものということです。

気象庁の発表している基準がありますので引用します。

地震
命名の考え方
1 地震の規模が大きい場合
陸域: M7.0 以上(深さ100km 以浅)かつ最大震度5 弱以上
海域: M7.5 以上(深さ100km 以浅)、かつ、最大震度5 弱以上または津波2m 以上

2 顕著な被害(全壊100 棟程度以上など)が起きた場合
3 群発地震で被害が大きかった場合等
名称の付け方
原則として、「元号(西暦年)+地震情報に用いる地域名+地震」>
引用:http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/meimei/meimei.html

なぜこういった正式名称がつけられるのかというと、地震が発生して一番大事なのは人命救助

その人命救助と並行して大事なのは2次災害などの防止になります。

そういったことの根幹として情報を共有するというのが大前提になります。

情報が錯綜している状態では動きようがないですからね。

情報メディアは情報を発信することが使命になりますが、事実情報を紐付けるものとして地震の名前を暫定的につけたほうが便利だったりします。

また伝える相手も大体のことがあっていれば通じるものですよね。

しかし、それらの情報を後から見返したときに同じ地震に対して違う名称で呼ばれていたらどうなりますか?

情報が正しく共有されているといえるでしょうか?

だからこそ気象庁は正しい情報を正しく記録するために、混同した情報が混ざらないように正式名称を発表します。

ちなみに近いものでは熊本で起こった地震を通称”熊本地震”だったものについて、気象庁は「平成28年(2016年)熊本地震」と命名しました。

これはそのまま年号がついたパターンになります。

大きく名称が変わるパターンもあります。

1995年に発生した戦後2番目の被害をもたらした自然災害は「阪神・淡路大震災」と呼ばれますが、気象庁が発表した正式名称は『平成7年(1995年)兵庫県南部地震』というものです。

2011年に発生した戦後最大の被害をもたらした自然災害「東日本大震災」と呼ばれていますが、気象庁が発表した正式名称は『平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震』というものになります。

これはどういうことかと言うと、東日本大震災の場合は地震は確かに正式名称の『平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震』となりますが、自然災害の一連を総称して政府が名称をまとめたものが「東日本大震災」ということになります。

つまり東日本大震災の中に東北地方太平洋沖地震が入っている形になります。

東日本大震災>平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震

正確にはこんな表現はしませんがイメージとしてはこんな感じです。表現の規模が違うので同義語にはなりません。

また熊本地震についても群発地震が多く、影響範囲が時とともに広がっていったために名称がかわることも考えられていたみたいですが、結局そのままになりました。

今回の大阪府北部地震はどう変わる?

さきほど気象庁の定義を引用しましたが、

”1 地震の規模が大きい場合
陸域: M7.0 以上(深さ100km 以浅)かつ最大震度5 弱以上
海域: M7.5 以上(深さ100km 以浅)、かつ、最大震度5 弱以上または津波2m 以上”

では、今の所マグニチュードがM6.1ということなので1の定義には当てはまりません。

”2 顕著な被害(全壊100 棟程度以上など)が起きた場合”

現時点での全壊棟数などは不明であるが、死亡者4名、負傷者307名ということなので可能性としてはあります。

今後この数字は変わっていくことが予想されます。

3 群発地震で被害が大きかった場合等

今の所大きな余震などの報告はあがっていません。

熊本地震の場合は上記の条件が全て当てはまり、余震などの群発地震で被害が広がったが、名称は始めから変わりませんでした。

今回の場合、今の所名称を変えるほどの規模や余震で被害が広がる一方だということは起きていないので、名称はそのまま「平成30年(2018年)大阪府北部地震」となる可能性が濃厚となります。

被害によって命を落としてしまった方には、ご冥福をお祈りします。

もしもというのはいつなのかわかりません。いまのうちに十分な備えを!

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. ルドガー より:

    今年は平成30年なので「平成30年(2018年)大阪府北部地震」ですね

    • yas より:

      ルドガー様
      ご指摘ありがとうございます。
      大変失礼しました。一番大事なところに誤記がありました。
      修正させていただきます。

  2. 今回の大阪北部地震(仮)の正式名称はどうなる!? | より:

    […] 以下略 https://yasencer.net/2018/06/18/osakahuhokubu-jishin/ […]

  3. 今回の大阪北部地震(仮)の正式名称はどうなる!? | まとめよさらば より:

    […] 1: 2018/06/19(火) 06:56:03.74 BE:416336462-PLT(12000) こんにちは。 やすです! 2018年(平成30年)6月18日7時58分頃、日本の大阪府北部を震源として地震が発生しましたね。 地震の規模はMj 6.1(暫定値)で、震源の深さは13 km(暫定値)震災となっていて、情報は時間ごとに更新され続けています。 愛知県にいた私でもけっこうな揺れを感じる地震でした。 この地域では特に南海トラフ巨大地震の話題がよく上ってくるためにかなりヒヤリとしました。 この地震の名前は暫定的に「大阪府北部地震」と命名されましたね。 しかし場合によっては地震の名前というのは後から変えられることがあるということを聞きました。 なんでも正式名称がつくとのことです。 それはなぜなのか?どういう理由で?どういう目的で? と気になってしまったので調べてこの記事で書いていきたいと思います。 正式名称って何?目的と基準についてはどうなっているの? 正式名称というのは気象庁がつけるものということです。 気象庁の発表している基準がありますので引用します。 地震 命名の考え方 1 地震の規模が大きい場合 陸域: M7.0 以上(深さ100km 以浅)かつ最大震度5 弱以上 海域: M7.5 以上(深さ100km 以浅)、かつ、最大震度5 弱以上または津波2m 以上 2 顕著な被害(全壊100 棟程度以上など)が起きた場合 3 群発地震で被害が大きかった場合等 名称の付け方 原則として、「元号(西暦年)+地震情報に用いる地域名+地震」> 引用: 以下略 https://yasencer.net/2018/06/18/osakahuhokubu-jishin/ […]

  4. 今回の大阪北部地震(仮)の正式名称はどうなる!? | まとめに足りないもの より:

    […] 1: 2018/06/19(火) 06:56:03.74 BE:416336462-PLT(12000) こんにちは。 やすです! 2018年(平成30年)6月18日7時58分頃、日本の大阪府北部を震源として地震が発生しましたね。 地震の規模はMj 6.1(暫定値)で、震源の深さは13 km(暫定値)震災となっていて、情報は時間ごとに更新され続けています。 愛知県にいた私でもけっこうな揺れを感じる地震でした。 この地域では特に南海トラフ巨大地震の話題がよく上ってくるためにかなりヒヤリとしました。 この地震の名前は暫定的に「大阪府北部地震」と命名されましたね。 しかし場合によっては地震の名前というのは後から変えられることがあるということを聞きました。 なんでも正式名称がつくとのことです。 それはなぜなのか?どういう理由で?どういう目的で? と気になってしまったので調べてこの記事で書いていきたいと思います。 正式名称って何?目的と基準についてはどうなっているの? 正式名称というのは気象庁がつけるものということです。 気象庁の発表している基準がありますので引用します。 地震 命名の考え方 1 地震の規模が大きい場合 陸域: M7.0 以上(深さ100km 以浅)かつ最大震度5 弱以上 海域: M7.5 以上(深さ100km 以浅)、かつ、最大震度5 弱以上または津波2m 以上 2 顕著な被害(全壊100 棟程度以上など)が起きた場合 3 群発地震で被害が大きかった場合等 名称の付け方 原則として、「元号(西暦年)+地震情報に用いる地域名+地震」> 引用: 以下略 https://yasencer.net/2018/06/18/osakahuhokubu-jishin/ […]

  5. どうなる? 大阪北部地震(仮)の正式名称 | 5chまとめた より:

    […] 以下略 https://yasencer.net/2018/06/18/osakahuhokubu-jishin/ […]