デニス・デンが刺殺される!羽生結弦の反応と今までの確執が気になる!

スポーツ
出典:http://seesaawiki.jp/
スポンサーリンク

やすです!こんにちは。

フィギュアスケート男子の14年ソチ五輪銅メダリストのデニス・テンさん(25)が刺殺されたというニュースが入ってきましたね。

デニス・テンといえばカザフスタンのフィギュアスケート選手で、ソチ五輪で母国にはじめてのフィギュアスケートでのメダルをもたらしたという偉業を達成した人で、その実績と栄光は計り知れない。

そんなカザフスタンの英雄とも言えるような選手がいとも簡単に強盗と揉み合ったはずみで刺された傷が致命傷となり、なくなることになってしまったのは極めて遺憾であり、理不尽な犯罪に憤りを覚える。

憤りといえば羽生結弦との確執があったことでも有名ですね。

この記事ではそのカザフスタンのデニス・テンと羽生結弦との関係性についてクローズアップしていきたいと思います。

デニス・テンと羽生結弦の確執のこと、デニス・テンの死で羽生結弦の反応について書いていきます。

スポンサーリンク

デニス・デンと羽生結弦との間に何があった?

その騒動というのが2016年世界選手権の公式練習中に起こった。

公式練習というのが6人が同時にスケートリンクの上での公式に行われる練習のこと。

そこで羽生結弦の進路をデニス・テンが妨害したとして、「故意によるもの」と羽生結弦が憤慨したということです。

もちろんこれだけ聞いていると羽生がただ癇癪を起こしただけのように聞こえるかもしれないが、その公式練習では各選手の曲が順番に流される。

その場合はその曲で滑る選手が優先的に練習を行うことができて、他の選手はその選手の邪魔にならないように道を譲ったりなどのマナーが求められるということです。

そのときは羽生結弦の曲が流れていたんですね。

羽生がジャンプを行う体制に入った時にデニス・テンがリング中央でスピンの練習を堂々としていたことで、接触事故が起こりそうになり、場内に緊迫した空気が流れたようです。

このことで「それはねえだろ!」と羽生結弦が憤慨し、起こって引きずってしまったことに対しても自身で反省する面もあったということです。

しかしデニス・テンは6人が滑る練習で接触しそうになることは多々あるということで意に介してない様子をみせたことで、この確執が長引きそうな雰囲気になったのだ。

スポンサーリンク

デニス・テンと羽生結弦の確執は収束へ

長引くと思われていた確執だったが、試合後に羽生結弦のほうからデニス・テンのほうへ歩み寄り、握手をして事態は収束へ向かった。

羽生結弦は彼も、”僕も苦しかったことがたくさんあったけど、この試合で和解したいと思っていた”と語り、話し合いで解決に至ったのです。

一時期は熱くなってしまったが最終的には大人の対応で事なきを得ました。

出典:https://www.instagram.com/tenis_den/

デニス・テンがインスタに挙げた写真です。

この画像がこの先も羽生結弦との友人・ライバルの関係を維持していくという現れになっているとの意味があることを願いたいですね。

雨降って地固まるといいますか、これによっていい関係を作れたんじゃないかなと思います。

スポンサーリンク

デニス・テンの死で羽生結弦はどう反応するのか

非情に気になるところですよね。

当然この訃報によって羽生結弦にはあの出来事がよぎると思います。

しかし、手を取り合ったことで今後の関係性も約束しているでしょうから、なんらかのコメントはあると思います。

発表があり次第追記したいと思います。

※7月20日追記

連名で羽生結弦のコメントが発表されたので掲載します。

同クラブに所属する羽生結弦、ハビエル・フェルナンデス、ジェイソン・ブラウンらとの連名で「私たちはデニス・テンの突然な悲劇的なニュースに悲しんでいる。スケートコミュニティーは美しいスケーターを失った。私たちの思いは彼の家族と一緒です。君の情熱は生きていくだろう。結弦(羽生)、ジェイソン、ハビエル、ガブリエル(デールマン)、エフゲニア(メドベージェワ)、チームクリケット一同」と、哀悼の意を綴った。

スポンサーリンク

まとめ

デニス・テンは理不尽な事故で亡くなってしまった。

デニス・テンと羽生結弦の間には過去にいざこざがあったが、解決した。

羽生結弦のコメントは連名にて発表された。

以上、やすがお送りしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました