山口すず夏の父親の画像は?職業は何?小学校・中学・高校を調査!

山口すず夏の父親の画像は?職業は何?小学校・中学・高校を調査!

やすです!

先日ヤフーでニュースをチェックしていたら山口すず夏という選手が米ツアー挑戦をかけて1次予選会にエントリーしたという記事を見つけました。

ちなみに1次予選会というのは8月23日ですが、山口すず夏って誰なんだろ?と思って検索してみたら、期待のアマチュア高校生女子ゴルファーとして今後の活躍が期待されている選手なんだというのがわかりました。

スポンサードリンク

それで普通に山口すず夏を検索すると関連ワードで”父親”、”職業”と出てくるんですね。

もしかして父親って超有名な人なのかなと追って調べてみるんですが、いまいち正体がつかめないんです。

ということで今回は山口すず夏の父親の画像や職業、あと山口すず夏の小学校・中学校・高校までの調査をしていきたいと思います。

山口すず夏の父親の画像と職業は何?

山口すず夏の父親のことを調べていっても、なかなか真相に近づくことができず、結局のところ職業がなんなのかまでは掴むことができませんでした。

分かり次第追記していきたいと思いますが、わかっていることだけ書いていきます。

名前:山口裕之(やまぐち ひろゆき)

山口すず夏が中学生で活躍していたころまではキャディーを務めていました。

出典:http://www.sanspo.com


出典:http://www.sanspo.com/


見た感じ年齢は50代といったところですよね。

それにしても写真では山口すず夏は何してるんですかね?

ニュースの説明によると「雨で濡れたグローブを乾かしている」とありましたが、”そんなんでグローブが乾くかい!”とツッコミ入れたいです。

でもこの雨の中でも結果を出して、なおかつそんなジョーダンみたいな行動をとって笑顔でいられるっていうのは、それだけの強いメンタルを持っているという証拠ですよね。

またキャディーとして父親がついているということは中学生の女子にとっても非情に心強いことなのかもしれません。

そんな天真爛漫な娘を持つ父親としてはこの先娘である山口すず夏がどう成長していくのかっていうところが非情に楽しみであり、心配でもあるところですよね。

職業についてはまだわかっていませんが、2人の子供がまだ小学生のころにゴルフの練習場に行くということやそれからゴルフにハマって数々の大会に出場を続ける山口すず夏のスポンサーとしてやっていくにはかなりの経済力が必要になってくると思います。

ゴルフを続けるのは独身を除けばなかなか一般人には厳しいと思います。つまり平均年収の400万円台では自分と娘をゴルフに専念させるなんてことは到底できないことであると想像できます。

最低でも年収600万~800万くらいは必要になってくると考えますが、そのくらいの年収になるとだいぶ出世していないと出せない数字ですよね。

ゴルフを始めた頃にすでに大企業の課長とか中小企業の部長、もしくは経営者や役員など社会的地位がある程度高い人でないと厳しいんじゃないかと思います。

そして今50代であることを考えると会社の幹部であったりということが考えられますよね。

山口すず夏が活躍を続けられるのも父親のがんばりがあってこそだと思うので、米ツアーへの挑戦、ぜひ成功してほしいと思います。

山口すず夏の小学校はどこ?

山口すず夏は神奈川県の古淵出身になりますが、小学校は東京都町田市にある私立和光鶴川小学校に入学しています。

名前:和光鶴川小学校

創立:1992年4月1日

創立者:弘重 寿輔

理事長:古関 彰一

校長:加川 博道

児童数:383

1クラス定員:36名程度

男女別:男女共学

教育理念:

「教科教育」、「行事・自治文化活動」、「生活べんきょう・総合学習」の3つの領域が相互に作用し,一人の豊かな人格を形成することを目指している。

場所:東京都町田市真光寺町1282-1

私立だったので非情に情報が充実していてわかりやすかったですね。

山口すず夏の中学校はどこ?

山口すず夏の出身中学校は相模原市立鵜野森中学校です。

この中学生時代に数々の成績を残して頭角を現していますね。

米メジャーに日本史上最年少でデビューしたのもこの中学校からです。

名前:相模原市立鵜野森中学校

創立:1984年4月1日

校長:菊地原 宏明

教育目標:

「社会を生き抜く力」と「未来を切り拓く積極的な意欲」を備えた、豊かな人間性・創造
性と確かな学力をもつ生徒を育成する

場所:神奈川県相模原市南区鵜野森1丁目11番1号

スポンサードリンク

山口すず夏の高校はどこ?

山口すず夏が現在通う高校は共立女子第二高等学校です。

ここは名前の通り女子校ですが、社会へ進出する女性のためにできた学校法人で、グループとしての歴史は130年以上にも及ぶ大変歴史のある学校法人です。

創立:1970年4月1日

校長:晴山 誠也

共立女子第二中学校高等学校のめざす女性像:「女性の社会的自立」をめざして130年前に設立された共立。
校訓「誠実・勤勉・友愛」から導き出された3つの女性像。
10年後、20年後の将来、女性としての特長を活かしながら社会で活躍する女性を育てるため、全人的な女子教育を行います。

社会へ進出する女性のための教育に力を入れており、これから世界へはばたこうとしている山口すず夏にとってはうってつけの高校なんじゃないかと思います。

まとめ

山口すず夏の父親の職業はまだわかっていませんが、それなりの社会的地位のあるお方。

山口すず夏の小学校は私立和光鶴川小学校。

山口すず夏の中学校は相模原市立鵜野森中学校。

山口すず夏の通う高校は共立女子第二高等学校。

以上、やすがお送りしました。

関連記事

やすです! 女子アマチュアゴルフで日本最年少でのメジャー参戦記録を持つ山口すず夏への期待が高まってますね。 来季の米ツアー出場権...
スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする