シャイニングマンデーが始まるのはいつ?メリットや活用法が気になる!

政治
スポンサーリンク

やすです!

突然降って湧いたような言葉「シャイニングマンデー」って何?

って人多いと思います。

私もあまりよくわかってないですし、いまいち活用方法やメリット・デメリットがわかんないです。

公明党がもともとマニフェストで言い出したシャイニングマンデーはそもそもプレミアムフライデーの代わりに実施していこうという施策なのです。

そうつまり、プレミアムフライデーは浸透せず、このまま消えていくかもしれないのです。

でも結局プレミアムフライデーとかシャイニングマンデーがなんで出てきてなんで浸透しないのかということもよくわかってないんですよね。

そこでそんな疑問を持つ人も多かろうと思いこの記事を作成してみました。

新しく始まるシャイニングマンデーが始まるのがいつなのか、そのメリットや活用法を探ってみたいと思います。

スポンサーリンク

シャイニングマンデーはいつから始まる?

いきなりシャイニングマンデーって言葉が出てきましたよね。

でも最初にこのシャイニングマンデーをマニフェストとして昨年に出した政党があったのです。

それは公明党です。

「月曜午前を半休にする『シャイニングマンデー』(仮称)の普及促進や有給休暇の取得促進など、働き方・休み方改革を進め、週末・週明けの消費拡大にもつなげます」

シャイニングマンデーはもともとプレミアムフライデーとともに検討されてきたことで、結局はじめはプレミアムフライデーの施策に踏み切ったんですね。

結局金曜日に遊びたい欲求というものを持ってる人は多くいるものの、現実はそう甘くないといった形でプレミアムフライデーは世間に浸透していかなかったのです。

じゃあ日曜日もめいっぱい遊べるようにして月曜日の午前中だけ休みにしてスロースタートにしてはどうかというところがざっくりした説明になります。

そして肝心のシャイニングマンデーの導入に関してですが、始まるのはいつなのか?ということなんですが、まだしっかりと詰めきれていない部分が多いようで、時期は決まってないようなんです。

しかし経済産業省ではすでに月曜日の午前中を有給として休むシャイニングマンデーの実施を始めているようですね。

ただこれは公務員の話であって、結局のところ民間企業でも特に見本となるような大企業が率先して実施していかないとプレミアムフライデーのように熱が上がることなく消えていく運命にあるのは明白ですよね。

プレミアムフライデーはなぜ浸透しなかったのかなどの問題点をしっかりと踏み台にして臨んでいかないとまたまた税金の無駄遣いといわれてしまいます。

私個人としてはそういった施策はどんどんやっていってもいいと思いますが、プレミアムフライデーの時にしても結局のところしっかりとメリットが伝えきれてなく、うやむやのまま始まって大きく広げる努力を怠ったんじゃないかと感じています。

局所的でもいいのでもっと大々的にやっていかないと世間に広めるのは至難の業だと思います。

また業界によっては金曜日がサービスに回る側の働き方についての言及もされてなかったと思います。

もう少し形だけでも平等になるように考えたほうがいいですよね。

シャイニングマンデーのメリット・デメリット・活用法は?

シャイニングマンデーのメリットなんなんでしょう?

似たような言葉でブルーマンデーというものがありますよね。

これは一週間のはじまりである月曜日の朝がつらいという気分的ストレスによるものです。

・月曜日の朝のストレスを少しずらすことができる。

また企業の有給の取得についても近年言及されてきているが、使い切れない部分もあります。

・有給の取得がしやすい状況を作りやすくなる。(プレミアムフライデーは有給関係なかった)

日曜日の夜も週末と同じように遊べる日にすることができる。

・日曜日の経済が活発になる。

ではデメリットはどうでしょうか?

・プレミアムフライデーと同じように関係ない人も多い。

・月曜日の朝は重要と考えていた固定概念を壊す必要がある。

ネットにおいて、冗談のように捉えて否定的な意見ばかりが目立つ。

活用法としては先程にも書かれていますが、日曜日の充実でしょう。

「ちびまる子ちゃん」とか「サザエさん」がやっているのをみると明日の憂鬱が始まる人が多くいるように、日曜日夕方は月曜日の準備にあてる人も多くいるのです。

また月曜日の朝がつらくなるから日曜日は酒を控えるとか遊びを控えるなんて風潮が多かったのです。

でもそもそも休みなんです。

もっと有効に使わなきゃってことですよね。

遊びたい人はめいっぱい遊んで、休みたい人はゆったり映画でも見てくつろいだり、酒好きは晩酌をしてなど様々な”好き”をこの日曜日という日に当てることができるわけです。

可能性は無限大ですよね。

私も最初よくわからず、否定的な姿勢でこのニュースについて考えていましたが、結局このように一つ一つまともに考えていってみると、以外にもいけるんじゃないか?

と思えてくるフシがあります。

もちろん導入するにあたっての課題は多いし、相当なエネルギーがかかるように思えますが、プレミアムフライデーの二の舞にだけは終わってほしくないですね。

まとめ

シャイニングマンデーは公明党のマニフェスト発祥で、プレミアムフライデーの代わりに再燃しはじめた。

デメリットよりもメリットのほうが多く実施はうまくいくかも?

以上、やすがお送りしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました