長濱ねるに長崎原爆の日の朗報!終戦記念日の放送担当決定!

長濱ねるに長崎原爆の日の朗報!終戦記念日の放送担当決定!

やすです!

ニッポン放送の代表ラジオ番組である『オールナイトニッポン』の8月15日(水)放送で欅坂46の長濱ねるをはじめとして同グループの菅井友香、土生瑞穂、小池美波の4人が特別番組「欅坂46のオールナイトニッポン」を担当することが長崎原爆の日である8月9日に決まりましたね。

8月15日(水)というのは欅坂46 7th Single「アンビバレント」のリリース日ということでそれに合わせたということなんですが、その日は言わずとしれた終戦記念日でもありますよね。

スポンサードリンク

なんの因果か狙ってのことなのか偶然が重なったのか、ニュースではそのことには触れていなかったのですが、私にとっていろんなことがリンクしてしまったのでこの記事を書いています。

長濱ねるはファンであれば誰もが知る長崎出身のアイドルです。

長濱ねるであれば意識していないはずがないと思います。だってつい最近長崎の原爆資料館に行ってきたばかりですから!

ニューシングル「アンビバレント」と終戦記念日の意味とは?

欅坂46 7th Single「アンビバレント」のリリース日が8月15日の終戦記念日だという意味については公式では言及されていません。

しかし”ふたつの感情を同時に抱く”という意味をもつアンビバレント、戦争ということに関して様々な感情を持つ人が黙祷をする日にリリースとなるのは何かしらの縁があると思えてしかたないです。

リリースに先駆けてミュージックビデオが公開されていたのでここに掲載しておきます。

メンバー同士が絡み合う状況の中、絶対的エースと言われる平手友梨奈がメンバー達を解放しつつ進行してき、解放されたメンバーがそろって感情をダンスで表現するというストーリーです。

当然なことながらメンバー達は「戦争を知らない」世代なわけで戦争に対する思いというのは持ち合わせていないのかもしれませんが、長崎原爆資料館に行った長濱ねるのように戦争に対して知らないなりにもしっかりと向き合い考えていく人もいます。

2つの感情を同時に抱く複雑な心境を示すアンビバレント、自分の経験の中で戦争に対して想像する悲しみ、怒り、そして平和に対する喜びや感謝。

人それぞれまったく違ったテーマであることを表現していくこと、この日が重なったことは必然だったのかもしれませんね。

スポンサードリンク

長濱ねるが長崎原爆資料館でしたこととは?

長濱ねるが実は今年の5月13日に長崎原爆資料館を訪れ、折り鶴を折ったということです。

出典:https://this.kiji.is/

その折り鶴の展示については7月末までだったということで、現在では終わってしまいましたが、長濱ねるの戦争に対する思いというのが折り鶴で表現されたというのは確かです。

このときのエピソードがこう書かれていました。

撮影で同館を訪れた長濱さんが、待ち時間にティッシュで鶴を折り始めた。それを見た市職員が、急きょ折り紙で鶴を作ることを提案。サイン入りの折り鶴が出来上がった。

引用:https://this.kiji.is/385447263688098913?c=39546741839462401

この長崎原爆資料館では著名人の折り鶴が展示されるのは前アメリカ大統領のオバマ氏以来の二人目なんだとか。

もちろんそれは長崎出身の長濱ねるだからということではあるかもしれませんが、長崎の人にとってもファンの人にとっても心温まるエピソードですね。

まとめ

長濱ねるをはじめ、欅坂46メンバー4人が「アンビバレント」リリース日、そして終戦記念日にオールナイトニッポンで特別番組を担当する。

長濱ねるは長崎原爆資料館で折り鶴を折り、先月末までそれが展示されていた。

以上、やすがお送りしました。

スポンサードリンク