魔法の美術館リターンズ福岡の日程・混雑とチケットのまとめ!

テーマパーク・イベント
スポンサーリンク

こんにちは!

夏休みはもうすぐ終わりだというのに、暑い夏はまだまだ続くようです。

うだるような暑い毎日ですが、子供は元気いっぱいですね。

だからこそ熱中症などにはしっかりと気を配りたいところです。

もう8月が終わりという時期ににもかかわらず始まったイベントが福岡であります。

それが福岡市博多区の福岡アジア美術館で開かれた「魔法の美術館 リターンズ」です。

この記事ではその魔法の美術館リターンズの日程、チケット販売について、混雑やアクセス方法、駐車場などをまとめてみました。

スポンサーリンク

魔法の美術館リターンズの日程はいつからいつまで?

九州の福岡県福岡市で開催された「魔法の美術館リターンズ」の開催日程はいつからいつまでなのかについてですが、

2018年 8月25日(土)~9月30日(日) の間で開催されています。

開館時間が午前10時~午後8時までになりますが、最終日だけは午後6時閉館になります。

水曜日が休館日になりますのでお気をつけください。

夏休みのイベントとしては短いですが、夏本番から抜け出した頃からの開催ですので比較的外出がしやすいですよね。

スポンサーリンク

魔法の美術館リターンズの魅力や見どころは?

魔法の美術館リターンズの魅力や見どころというのをざっくりと説明します。

テーマが「見て、ふれて、遊べる体感型アート

ということでやっぱり美術館ですからアートというところがありますが、体感型というのがミソになります。

子供はもちろんのこと、大人もデートや娯楽として十分に楽しめるような体験型の展覧会になります。

現代アーティスト達によって創作された魔法のような世界を演出する16点の作品群は光ったり、動いたり、映像や音などの変化を楽しんだり、不思議な気持ちにさせられたりなど、体感として感じることができるようになっています。

動画は昨年に神戸ファッション美術館にて開催されていた魔法の美術館になります。

日本の各地で開催されて、何百万人という観客を集めるほど人気の高いCGアートです。

今の芸術とは何かを感じるいい機会だと思います。

スポンサーリンク

魔法の美術館リターンズのチケット販売について

当日券

一般:1200円
高校生大学生:800円
3歳~小中学生:600円
家族ペア券:一般+3歳~小中学生:1500円

前売り券

一般:1000円
高校生大学生:600円
3歳~小中学生:400円

チケットぴあ(Pコード:769-229)
ローソンチケット(Lコード:81988)
セブンチケット

場所は福岡・北九州の有名プレイガイド他

家族ペアチケット

300組限定で1200円(300円お得)で発売中。セブンチケット限定でなくなり次第終了します。

スポンサーリンク

魔法の美術館リターンズの混雑予想は?

この混雑状況については非常に悩むところですよね。

お子様と一緒にということであればやっぱり夏休み期間中に行きたいところ、ゆっくり見たい場合は駆け込み需要の関係上、期間中の真ん中あたりを狙うのがいいと思います。

ちなみに過去にあったあべのハルカスで行われた同様のイベントでは夏休み期間中で土曜日、日曜日、祝日、お盆休み期間は30~40分の入場待ちがあったということです。

ただそういった人が駆け込みそうな日程でも午前中であれば比較的空いていると言われています。

子供の予定と親の予定はなかなか合わないとは思いますが、極力午前中の空いている時間帯に行くようにするといいですね。

スポンサーリンク

アクセス方法と駐車場について

イベントの開催場所についてです。

場所

魔法の美術館リターンズの開催場所は福岡市博多区のアジア美術館になります。

福岡アジア美術館
〒812-0027 福岡県福岡市博多区下川端町3 下川端町3−1 リバレインセンタービル7・8F

連絡先:092-263-1100

アクセス

各アクセス方法についての記載です。

地下鉄及び電車

・中洲川端 駅下車、6番出口より徒歩すぐ
・福岡空港から 福岡空港 駅より9分
・JR博多駅から 博多駅 より3分
・西鉄福岡駅から 天神駅 より1分

西鉄バス

川端町博多座前 バス停下車、徒歩すぐ

・太宰府方面から都市高速 千代 ランプより車で約7分
・北九州方面から都市高速 呉服町 ランプより車で約5分

駐車場

昭和通りより、博多リバレイン地下の駐車場(有料)をご利用ください。

スポンサーリンク

まとめ

魔法の美術館は日本各地で開催されて多くの人々に愛される人気の美術館イベント。

日程は8月25日から9月30日までの約1ヶ月間、福岡のアジア美術館にて開催される。

16点の現代アートを体験するまたとない機会となりますので、ぜひ体験してください。

以上、やすがお送りしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました