北海道胆振東部地震の被害状況を時系列的に収集!救助支援情報も

北海道胆振東部地震の被害状況を時系列的に収集!救助支援情報も

こんにちは!

2018年(平成30年)9月6日午前3時08分ごろに北海道の胆振地方において最大深度7を超える地震が発生しました。

これは正式名称「平成30年北海道胆振東部地震」と名付けられました。

スポンサードリンク

しかしメディアでは「北海道地震」と呼ばれる可能性もあります。この記事でも便宜上”北海道地震”と書かせていただきます。

この記事では日付ごとに被害状況などを収集していきたいと思います。

日付が経ってしまうと情報が埋もれてわからなくなってしまうのを防ぐためです。

関連記事

こんにちは! ※ 追記あり 2018年(平成30年)9月6日の午前3時7分頃に胆振地方いぶりちほう中東部においてマグニチュード(...

北海道胆振東部地震の被害状況

今回突発的に起きた地震ですが、予め予測されていた地点の一つだということです。

そこで気になるツイートを見つけました。

つまりは今回の震度7の地震が本震であればよいのですが、これから先の2日間(このパターンで言えば)はほんとに予断を許さない時間だと思います。

できる対策は打てるように行動していきたいですよね。(被災者も支援者も)

それを裏付けるように専門家もコメントしています。

北海道大学地震火山研究観測センターの高橋浩晃教授が、6日朝、取材に応じ、「より大きな地震が来る可能性もある」などと語りました。

「(過去)100年で、いちばん規模の大きい地震だったと思う。今回は、石狩低地東縁断層という活断層で起きた地震で、もともとマークされていた場所だ。石狩平野東縁断層付近では、M7.7の地震規模が想定されていたが、今回はM6.6と小さかった」

「活断層で起こる地震は、震源の真上で、非常に震度が大きくなる特徴がある。まさに(今回の地震は)熊本地震のような“内陸直下型地震”の特徴が出た」

「この付近の地震活動は、長引く特徴もあるので1週間程度は警戒レベルを上げてほしい。余震は必ず起こる」

9/6(木) 14:37配信
引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180906-00000023-hbcv-hok

こういった状況がはずれることを祈りたいですが、できる対策は今のうちです。

スポンサーリンク
お家の保険相談センター

9月6日の被害状況

まだこのときは早朝で、情報があまり入ってない時間でした。

北海道全域で停電になり、混乱を極める。

電気というライフラインを立たれた北海道と連絡が付きづらくなってしまう。

胆振地方の中でも厚真町が最大震度7を記録して、被害も広がっている。

断層や液状化などで多数の被害者が出ています。

絵画のような画像ですが、茶色い部分は全て土砂崩れの部分なんだそうです。

被害の状況もだんだんと分かってくるようになってきます。

生き埋め情報なども入ってきていて、秒刻みでの切迫感が伝わってきます。

北海道全域での停電でろうそくでの火災も目立つようです。

盲点ですが、ブレーカーを落としておかないと復旧したときにショートしてしまう可能性もあるようですので注意喚起がなされます。

電話などつながりにくい状況があったり、まったく使えないエリアがあったりとしている中、緊急時において公衆電話を無料開放したようです。

千歳空港では滑走をの状態は大丈夫のようですが、まだ確認のとれない被害などもあるために復旧の見通しはたたないままだそうです。

新幹線においてもまだ復旧はできないようですね。

少しずつの稼働はあるようですが、本当の復旧までには1週間はかかる見通しだそうです。

断水のエリアもあり、停電による影響はかなり広がっています。

空港としての稼働までは未定ですが、電力の供給に関しては再開した模様ですね。

この日の映像のまとめになります、大惨劇といった印象を受けてしまいます。

スポンサーリンク


9月7日の被害状況

停電から復旧するエリアも徐々に拡大してきているようです。

7日の午前2時での情報です。

 6日、北海道で起きた震度7の地震では、土砂崩れに巻き込まれるなどして、これまでに9人が死亡、5人が心肺停止となっています。

 6日未明、北海道を襲った地震。厚真町で震度7、安平町で震度6強、札幌市北区や苫小牧などでも、震度5強を観測しました。

 厚真町で土砂崩れに巻き込まれた5人が死亡するなど、地震による犠牲者は合わせて9人に上っています。

 厚真町ではさらに5人が心肺停止、午前1時現在で26人の安否がわからず、警察と消防、自衛隊などが夜を徹して捜索を続けています。
引用:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20180907-00000023-jnn-soci

行方不明者もまだ多数存在することから犠牲者はさらに増えることが予想されます。

第一産業が後回しにされて娯楽施設などが営業再開しているなどで批判も出ています。

日本の食を支える北海道ですからとにかく第一産業は優先して復旧してほしいですね。

札幌市内の震度が確定したようです。

9月8日の被害状況

札幌市交通局によると、市営地下鉄の3路線(南北線、東西線、東豊線、総延長48キロ)と、市内を循環する市電は8日の始発から平常通り運行している。
引用:https://www.asahi.com/articles/ASL982DTTL98IIPE006.html

国土交通省によると、新千歳空港は8日朝、国際線の運航を再開した。8日は約90便の発着を予定している。
引用:https://this.kiji.is/410932500451116129

交通面では早くも復旧が実現しましたね。

菅義偉官房長官は8日午前の記者会見で、北海道地震について、死者21人、心肺停止6人、安否不明13人と発表した。(2018/09/08-11:21)
引用:https://web.smartnews.com/articles/f1zNMa1Bbmb

安否不明者がまだいます。

一刻も早く無事で発見されてほしいと思います。

北海道のほぼ全域に及んだ停電は、8日夜までに99・9%にあたる約294万8千戸で復旧した。ただ電気の供給はなお綱渡りで、政府は2割の節電を呼びかけた。検討中の計画停電は10日までは見送る。11日以降に踏み切る場合、2日前までに知らせる。
 北海道電力は、本州からの電力融通や発電設備を持つ企業からの買い取りなどで計346万キロワットを確保した。地震前日の需要ピーク(383万キロワット)の9割にあたる。
引用:https://www.asahi.com/articles/ASL9853D0L98ULFA00B.html

地震からすぐに発せられたコメントは「復旧までは未定」となっていたのに2日で99%まで持っていくってほんとにすごいことだと思います。

停電による被害は最小限で済んだといっても過言ではないと思います。

スポンサーリンク


9月9日の被害状況

北海道で初めて震度7を記録した胆振東部地震で、死者が35人となった。
生存率が著しく下がるとされる、発生からまもなく72時間を迎える中、依然、3人の安否がわかっておらず、懸命の捜索が続いている。

北海道・厚真町の現場では、警察や自衛隊などが安否不明者の捜索を24時間体制で続けている。

7日夜からこれまでに16人が見つかったが、依然3人の安否がわかっていない。

今回の地震による死者は、あわせて35人となっている。
引用:https://www.fnn.jp/posts/00400511CX

生存率の明暗を分ける72時間というのが先程過ぎたようですね。

まだ地震から1週間経ってませんから油断は禁物です。

9月12日の発表

菅官房長官は、北海道での地震の死者数を11日まで44人と発表していたが、12日午前の会見で、北海道庁が、このうち3人は震災関連死ではないと認定したことを理由に、死者数を41人に訂正した。
引用:https://www.houdoukyoku.jp/clips/CONN00400739

自衛隊などの懸命な捜索が継続されて、安否不明者がいなくなって、死者が増えてしまいました。

被災された方々、およびその関係者には心よりご冥福をお祈りいたします。

スポンサードリンク

震災被害においての救助支援情報のまとめ

震災から4時間後に政府がようやく動き出しました。

熊本という大地震経験の地からの派遣が始まりました。

大きな力による支援は心強いです。

人力による支援が今一番必要かもしれませんが、お金も必要です。

なによりTポイントでの募金も1ポイントからできて、これがネットでも大変評価されているようで、活動が拡散されています。

特殊な支援の形になりますが、ケータイの充電はめちゃくちゃ重要です。

海外からの支援も非常に心強いです!

9/6(木) 19:33配信 RKK熊本放送
6日未明に北海道で観測した震度7の地震で、熊本からの支援も始まっています。

熊本県は、北海道庁に向け、危機管理防災課や教育政策課などの男性職員4人を、北海道からの依頼を待たずに派遣しました。

「北海道の方が安心して復興に向かえるように、少しでも力になれればと思います。」(県教育庁教育政策課 森�博行参事)

九州電力は、現地の停電復旧作業のため、高圧発電機を積んだ車10台と、後方支援のための車20台、そして社員59人を派遣しました。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180906-00000006-rkkv-l43

まとめ

まだまだ地震が来てから間も経っていません。

これから本震が来る可能性も考えて、できるうちから対策をしていきたいですね。

以上、やすがお送りしていきます。

スポンサードリンク