広島カープの2018優勝の要因・理由は何?ファンの団結力がやばい!

広島カープの2018優勝の要因・理由は何?ファンの団結力がやばい!

こんにちは!

広島東洋カープの独走状態が続き、マジックも数字が減っていく一方で優勝は日を待つばかりで確実となってますね。

セ・リーグ3連覇がかかる年なだけに選手だけでなくファンも一丸となって非常にスキのない強さを誇っています。

スポンサードリンク

この強すぎる広島カープの優勝の要因になっていることを探って記事として書いていきたいと思います。

優勝の要因その1・監督

なんと言っても広島東洋カープにおいて監督として4年目の緒方孝市監督がしっかりと手綱をしきってます。

1年目は4位に終わったが、2年目から2連覇を達成し、その実力は凄まじい結果を残していることで証明されていますよね。

しかも2連覇にかけては超ベテランの黒田博樹投手と新井貴浩野手が引っ張ったという功績もあったが、今年は違うその穴もなんのその2位以下に大差をつけて独走状態はシーズン序盤から変わらないときている。

”独裁者”と揶揄されることもあるようですが、その監督としての力は確実なものであると言わざるを得ないですね。

優勝の要因その2・コーチ

広島東洋カープの連覇の影にはなんといっても石井琢朗コーチと畝龍実コーチの力があります。

石井琢朗コーチは横浜ベイスターズから広島カープに移籍してきた人で、超一流の選手でもあり、コーチになってから広島の打撃陣において大いに影響を与えた人物でもあります。

優勝には必ず投打のバランスが必要不可欠と言われますが、もともと投手がよい広島において課題の打撃で石井琢朗コーチは見事に仕事をしてくれました。

今年からヤクルトスワローズに移籍しましたが、その石井琢朗コーチの遺伝子というのは広島カープに根付いていて、今年の独走状態を作り上げたのだといっても過言ではないかもしれません。

畝龍実コーチは選手としての活躍はほとんどなかったもののスコアラーという仕事でめきめきと頭角を表し、高い分析力をもって投手のコーチとして抜擢されました。

当然その影響力は連覇に直結しており、投打において他球団を圧倒する力をもったのも畝龍実コーチの力あってのものとも言えます。

優勝の要因その3・選手

丸佳浩

今の球界において代表するような選手で広島カープの打撃陣においても中心にくるような選手です。

ホームランもリーグでトップクラス、出塁率や四球もトップを争うレベル、投手や相手の監督にしてみれば、この上なく嫌な相手です。

今シーズンでFA予想されていて、それも注目になると思います。

鈴木誠也

出塁率や得点圏打率において無類の強さを誇っています。

非常に安定した打率もあり、チームの主軸として申し分のない活躍をみせてくれています。

大瀬良大地

優勝チームにふさわしい活躍をみせてくれています。

昨年にくらべてチームの柱として確実な成長をとげていて、頼もしい投手です。

會澤翼

打撃において3割打者、長打率は5割を超えて、ホームランも多いという捕手になります。

こんないい打撃を見せる捕手は他球団には見られない逸材で確実に勝ち星の要因になっているのは確実です。

その他控えの選手もレギュラーとしても遜色のない働きを見せていて、安定した強さを維持している広島カープチームです。

スポンサードリンク

優勝の要因その4・ファン

なんといっても広島東洋カープはファンが熱いということでも有名です。

近年カープ女子という言葉も流行するくらいですから、ファンが多いのだという認識は大間違い。

強さの秘訣というのがファンの団結力にあります。

通常外野席からの応援が普通ですが、カープの場合は内野席からもそろって応援歌が歌われます。

もともと熱い上に3連覇がかかっているというのもあって乗りにノッているカープファンです。

まとめ

リーグ優勝は投打のバランスだといいますが、広島東洋カープの3連覇はそれだけでなくファンの団結力も合わさって勢いがものすごいことになっています。

優勝して当然といった雰囲気がありますね。

以上、やすがお送りしました。

関連記事

こんにちは! 少し気が早いですが、今年のセ・リーグも広島東洋カープ一強状態が前半のころから続いていて、広島の優勝が確実視されています。...
こんにちは! ※ 最新情報が更新されました。 9月20日現在、広島東洋カープはセ・リーグ順位ぶっちぎりの1位でM4。 今年...
こんにちは! ※ 新情報追記しました 2018年も広島東洋カープがセ・リーグでダントツ一位でM4ということで優勝目前となりました...
スポンサードリンク