平壌共同宣言合意の意味・意義・今後の影響などわかりやすく解説

平壌共同宣言合意の意味・意義・今後の影響などわかりやすく解説

こんにちは!

9月19日(水)に朝鮮半島南北首脳会談において、南北の首脳が平壌(ピョンヤン)共同宣言合意書に署名というニュースが流れましたね。

これを聞いただけでは私はよく理解できていませんでしたが、なんとなく「国際関係において一歩前進したのかな?」という気持ちを持ちました。

スポンサードリンク

もちろんこの南北首脳会談において日本の首脳は含まれていませんが、これによって日本への影響も考えられるのではと思って調べてみました。

この記事ではこの平壌共同宣言合意書の意味やそれに署名した意義。

そして今後の影響などをわかりやすく解説していきたいと思います。

今回の南北首脳会談への流れ

今回の平壌での南北首脳会談は2018年9月18日から20日までの3日間おこなわれており、前回の板門店宣言以後の首脳会談で、南北両国の交流や軍事的緊張緩和のための措置が取られるなどの成果があったことの再確認と今後のさらなる関係の発展において話し合いと合意の署名をする目的で行われた。

平壌共同宣言とはその成果物ということです。

平壌共同宣言の意味は?

平壌共同宣言には大きく分けて6つの項目にわかれていく、それぞれについて簡潔にまとめていきたい。

1.北と南は非武装地帯での軍事的敵対関係の終息に向けて、朝鮮半島全域での戦争危険の除去・敵対関係の解消につなげることを約束。

2.北と南は相互に協力しあい、利益を生む関係を大きくして、経済的に発展していくことを目的として話し合いを続けることを約束。

3.北と南は離散してしまった家族問題を解決していくべく人道的な協力を強めることを約束。

4.北と南は和解と団結の結束を強めていき、国の内外に対してそれを示すとともに、多様な面での協力と交流を積極的に続けることを約束。

5.朝鮮半島を核兵器と核の脅威がない平和の場にするべく、実質的な対策を早急に講じていくことを約束。

6.金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長は、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の招聘により近い時期にソウルを訪問すると約束。

以上、平壌共同宣言の全文はコチラで読み、意味を解釈しました。

この6つの指針に対して具体的な内容も盛り込まれることになりました。

1に対しては今回の平壌共同宣言の付属合意書として「板門店宣言軍事分野履行合意書」を付けることによって前回からの流れを汲む正当なものであるという位置づけを示し、朝鮮半島を恒久的な平和地帯にするための措置を積極的にとることにしました。

また南北軍事共同委員会を稼働させて偶発的な武力衝突の防止にむけての対策を競技していくこととした。

2に対しては

・東海・西海線鉄道と道路の連結のための着工式を行うこと。

・開城工業団地と金剛山観光事業を優先して正常化し、西海経済共同特区と東海観光共同特区を作っていくことについての協議を始めていく。

・自然生態系の保護などの環境改善を積極的に進めていくこと。

・伝染病などの流入や拡散防止のための保健・医療分野の協力を強化していくこと。

3に対しては

・金剛山地域の離散してしまった家族の常設面会所を早急に復旧していくこと。

・赤十字会談を通じて離散家族の画像再開とビデオレター交換などを優先的に解決していくこと。

4に対しては

・文化や芸術分野の交流を深めて、10月中に平壌芸術団のソウル公演を行うこと。

・2020年夏季オリンピックなどの国際競技に共同で積極的に進出し、2032年夏季オリンピックの南北共同開催を誘致するべく協力していくこと。

・10.4宣言11周年を記念するための行事を開催し、3.1運動100周年を南北共同で記念するべく協議していくこと。

5に対しては

・北にある東倉里エンジン試験場とミサイル発射台を第三者国の専門家立ち会いのもと、永久的に廃棄すること。

・北としてはアメリカが6.12朝米共同声明のとおり誠実な対応をとれば、寧辺の核施設の永久的廃棄など追加的な措置をとる用意があることを表明。

・北と南は朝鮮半島の完全な非核化を推進していくべく、緊密に協力していくこと。

今までからすればかなり具体的な話が盛り込まれていると感じました。

世界的にみれば非核化の部分が一番注目するところだと思います。

それに関しては早急に非核化するとは名言してはいませんが、段階的に進めていくことだけはしっかりと書かれているというのは事実です。

南北首脳による平壌共同宣言合意書への署名の意義

この南北首脳である金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長と、文在寅(ムン・ジェイン)大統領による平壌共同宣言合意書の署名によって、どういった意味があるのでしょうか。

韓国大統領府は、”実質的に(朝鮮戦争の)終戦を宣言した”と強調しています。

アメリカが絡む問題に関しては、アメリカの態度次第という姿勢は崩さないままではあるが、南北がいがみ合う時代は近いうちになくなるという姿勢の現れであることは確かなことのようです。

また、経済発展においても南北が互いに協力しあい、米国との関係についても韓国側に間をとりもってほしいというような内容の話が進んでいる。

スポンサードリンク

平壌共同宣言合意書への署名による今後の影響や動き

この平壌共同宣言合意書の署名によって、国際的にも挑戦半島の問題の前進とみる意見が多く集まり、注目が高まっています。

トランプ大統領はこの出来事を評価し、

「金正恩委員長が核査察を許可し、専門家の立ち会いのもとエンジン試験場とミサイル発射台を永久廃棄することで合意した」
引用:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20180919-00000035-nnn-int

ということをツイートしていて、アメリカにも好印象を与えたようです。

中国外務省もこの平壌共同宣言合意書の署名のことを歓迎していて、

「南北双方の積極的な努力を称賛する」「南北双方が共通認識を実行に移し、朝鮮半島問題の政治的な解決や平和の実現のために積極的な役割を果たすよう希望する」
引用:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20180920-00000010-jnn-int

と述べています。

菅官房長官は「完全な非核化につながることを期待したい」と述べて、その上で

「重要なのはアメリカと北朝鮮の間で合意した朝鮮半島の非核化の完全な履行だ」として、日本としては今後も引き続き、アメリカ、韓国と緊密に連携していく考えを示しました。

 また、今回の南北首脳会談のやり取りに関して文大統領と連絡を取っているのかという質問に対しては、「色々な情報提供は受けている」と述べるにとどめました。
引用:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20180920-00000011-jnn-pol

あくまでも日本としては慎重にアメリカと調歩しながら進めていく姿勢を示しています。

日本の拉致問題に関してはこの段階ではまったく触れていません。

しかし南北の協力関係が進んでいく中で経済的にも精神的にも南北とアメリカと日本が友好な関係を強めていけば前進していくのではないかと予想できます。

日本の今後の対応にも注目が集まりますね。

まとめ

平壌共同宣言合意書の署名は朝鮮半島だけでなく、全世界に向けた平和的前進と今の所みることができます。

以上、やすがお送りしました。

関連記事

こんにちは。 やすです! 板門店宣言! まずなんて読むのかわかんないですよね。 お隣の海外国である韓国への旅行常連者...
こんにちは。 やすです! 朝起きてニュース見ていたら「トランプ大統領が米朝首脳会談の中止を発表」との見出しが! 今まで北朝...
スポンサードリンク