新潮45が休刊した理由はなぜ?杉田水脈の論文解釈をわかりやすく

新潮45が休刊した理由はなぜ?杉田水脈の論文解釈をわかりやすく

こんにちは!

9月25日突然「『新潮45』炎上で休刊」というような無機質な内容のプッシュ通知が自分のスマホに上がってきました。

なんだこれ?

スポンサードリンク

というのが私の第一感想でした。

これはなんだ?と調べてみると自民党の杉田水脈衆院議員が「新潮45」に掲載した論文の内容が物議を醸していて炎上し、収集がつかなくなり新潮社が「新潮45」の休刊を決めたというものでした。

これについてのオフィシャルの告知はこういった内容でした。一部抜粋です。

「・・・ここ数年、部数低迷に直面し、試行錯誤の過程において編集上の無理が生じ、企画の厳密な吟味や十分な原稿チェックがおろそかになっていたことは否めません。その結果、「あまりに常識を逸脱した偏見と認識不足に満ちた表現」(9月21日の社長声明)を掲載してしまいました。このような事態を招いたことについてお詫び致します。
 会社として十分な編集体制を整備しないまま「新潮45」の刊行を続けてきたことに対して、深い反省の思いを込めて、このたび休刊を決断しました。・・・」
引用:https://www.shinchosha.co.jp/news/20180925.html

とりあえず金が回らず、ほとんど校閲せずに出版してたということなんでしょうね。

たしかにお相手が衆議院議員ではすんなり通してしまいそうなところではありますよね。

それが突然飛躍した表現が飛び出してしまったということなんでしょう。

これについて論文とはどんな内容なんだろという疑問と好奇心が湧いて、この記事を書いてみたいと思いました。

できるだけわかりやすく解説していきたいと思います。

「新潮45」とはどんな雑誌

1982年創刊の『新潮45+』を前身に、1985年から刊行されている月刊誌で、手記、日記、伝記などのノンフィクションや言論を中心に掲載している月刊誌です。

created by Rinker
¥3,221 (2018/12/15 15:12:34時点 Amazon調べ-詳細)

杉田水脈の論文の解釈

これはかなり読み応えがありました。

一部わかりにくい部分などありましたが、問題の箇所を中心に簡潔に解釈していきたいと思います。

LGBT」(L=レズビアン、G=ゲイ、B=バイセクシャル、T=トランスジェンダー)という言葉が近年よく使われるようになりました。

いわゆる性的弱者といわれている人です。

日本の近年の方向性としてはこうしたLGBTの人たちへの差別をなくして生きづらさを解消していきましょうというものです。

これは日本独自の考え方ではなく、欧米がこうしているからこうしていこうという右にならえ思考がいきづいています。

日本は欧米のような性的弱者に対しての命を脅かすような差別の事実は報告されていません。

日本は日本で独自に考えていくべきだ。

たとえば両親さえLGBTの子どもをうけいれさえすれば、日本なら生きていくのはさほど難しい話ではなく、クリアできるような問題であるのに対して、欧米の思想の受け売りのメディアは「生きづらさ」というものを社会制度のせいにして、社会でなんとかこの「生きづらさ」を解消していかなければならないというような風潮にしている。

この行政が「生きづらさ」の解消に対して行動するのを悪いとはいいません。

しかし行政が動くこととは、”税金を使う”ということです。

子どもがなかなかできないカップルのために不妊治療などで税金を使うというのであれば、少子化対策としての理由がたちます。

しかしLGBTのカップルで子どもを生む見込みがまったくない例に対して税金を使うというのは、世間の賛同が得られるとは考えづらい。

それは「生産性」がないのです。

※ここで言う生産性とは子どもが増えない→人口が減る→税金も減るという先細り状態のことを言います。

行政がLGBTに関する条例や要項を発表するたびに、マスコミがもてはやすから今や人気取りのための制作になると勘違いしてしまいます。

ここから先はLGBTのLGBとTは分けるべきだという内容が綴られていますが、ここでは端折ります。

これに対しての反論

まずはこれに対する反論がありました。

ここで言っているのは”生産性”がないから税金を使うという論点は違うという指摘を行っています。

反論に対しての反論

今はツイートが削除されていますが、これについての反論を杉田水脈議員が返しました。

そうなんですよね。ちゃんと新潮45を購入して全文を読んでから批判していただきたいです。雑誌の一部だけ写メ撮ってSNSに流すとか、営業妨害では?と思ってしまいます。これをきっかけに買っていただけると嬉しいですが

という感じなんです。

私の勝手な所見で申し訳ないのですが、話が噛み合ってないんですよね・・・

尾辻かな子議員は一部分のことを言っているのであって、記事全体を批判しているわけではないのに対して、杉田水脈議員は一部を切り取って批判するのは営業妨害だと・・・

私も一部分の表現は政治家として思ってはいても口にしてはいけないこと、ましてや明文化するなんてもってのほかというようなことと思いますし、その他の部分に対してはフムフムと関心してしまいます。

自分もマスコミや世の風潮に流されがちだなぁと反省してしまう部分もあって良い論文だと思いました。

杉田水脈議員は全部批判されたと思い込んでいる感じですよね。

スポンサードリンク

休刊ということに関してのネットの反応

無責任な観光を続けた新潮を批判する声が圧倒的に多いですね。

「ヘイトスピーチ」だという人達もいるようです。

影響力のある人なだけに証拠として残ってしまう部分にはしっかりと2重3重のチェックは必要ですよね。

まとめ

「新潮45」の休刊は杉田水脈衆議院議員の不用意な文言が原因で炎上して、収集がつかなくなったので、休刊した。

以上、やすがお送りしました。

スポンサードリンク