キングダム映画キャストで羌瘣(キョウカイ)がなぜいない?理由は?

キングダム映画キャストで羌瘣(キョウカイ)がなぜいない?理由は?

こんにちは!

世間が期待する実写映画『キングダム』のメインキャストが一斉に発表されました。

主人公信は前の記念動画から変わらず、山崎賢人に決定! ふむふむ・・・

スポンサードリンク

楊端和(ヨウタンワ)は長澤まさみ! ちょっと意外だけどありかな・・・

河了貂(カリョウテン)は橋本環奈! おお!かわいい!

王騎(オウキ)は大沢たかお! まじか!びっくりだけどこれは誰がやっても厳しいか・・・

と一通り確認した中で何か違和感があることに気づきました。

そうです。

キングダムで主人公「信」をとりまく女性は3人いたはず。

出会った頃は性別不詳の子どもだったのが、美女軍師としての道を歩むことになる河了貂。

山界の王から秦の将軍として協力することになる楊端和。

刺客として登場し信とともに将軍を目指し、信との子作り宣言までする最強女戦士の羌瘣(キョウカイ)。

そう、羌瘣(キョウカイ)がいないんです。

この記事ではなぜ羌瘣(キョウカイ)がいないのかその理由を探っていきたいと思います。

メインキャスト一覧

まずは発表されたメインキャストからみていきたいと思います。

信:山崎賢人

嬴政:吉沢亮

楊端和:長澤まさみ

河了貂:橋本環奈

成蟜:本郷奏多

壁:満島真之介

昌文君:高嶋政宏

騰:要潤

王騎:大沢たかお

妥当だろうという声も多いが意外性のある人も様々で、実際の演技をとにかく早くみてみたいものです。

成り上がりの物語なのにたしかにメンバーが豪華ですよねw

でも本当のメインのキャストとして羌瘣(キョウカイ)がいないというのはちょっと考えられないことでもあります。

羌瘣(キョウカイ)がなぜいない?

羌瘣(キョウカイ)は信とともに下っ端の同じ組から参戦してともに成長しあって将軍を目指していく唯一無二のメンバーなために、それがいないというのはおかしいと私は思ってしまいました。

もしからしたらシークレットで登場させるのかなど憶測もしてますが、そんなことをする意味があるのかと考えるとやっぱり疑問しか残りません。

理由の一つとして考えられるのは、漫画や小説から実写化される上で一部内容が変更されることがありますよね。

こういった形で今回はキャストの順番として長澤まさみ演じる”楊端和”が紹介の3番目にきています。

普通発表のときには主人公から近い順に発表されるはずですのでその線が濃厚なのかなとも考えられますね。

映画の今回の内容として嬴政(エイセイ)の弟・成蟜(セイキョウ)との闘いがメインになってくると思われるので、あえてはずしているのかもしれませんね。

すると今後シリーズ化されて、登場するなんてこともあるかもしれませんね。

スポンサードリンク

羌瘣(キョウカイ)役は誰がハマる?

以前やっていた「アメトーク」のキングダム芸人の回でこじるりが羌瘣(キョウカイ)のコスプレしていたのがネットで話題になっています。

またキングダム連載10周年実写特別動画では山本千尋さんが華麗な剣舞を魅せてくれています。

王騎(オウキ)とはまた違った意味でハードルが高いですよね。

でも漫画と実写では違いますし、女優としての演技で新しい羌瘣(キョウカイ)が出来上がるなんてこともあるかもしれません。

なんにしてもこの羌瘣(キョウカイ)についてと実際の映画の行方が気になってしかたありませんね。

まとめ

キングダムの実写映画で羌瘣(キョウカイ)がいない理由は今回の切り取った内容に関して、主要人物として楊端和(長澤まさみ)や成蟜(本郷奏多)にクローズアップしているために、見送られた可能性がある。

今後の展開によっては続編のことも話が出てくるかもしれません。

以上、やすがお送りしました。

関連記事

こんにちは。 やすです! ついに待ちに待った青年漫画『キングダム』の実写映画化が決定しましたね。 『キングダム』実...
スポンサードリンク