山田孝之が大真面目に意外な発言をするシュールな植物戦略番組が話題

山田孝之が大真面目に意外な発言をするシュールな植物戦略番組が話題

こんにちは!

大物俳優でありながら、意外性を発信し続ける山田孝之さんがNHK・Eテレの番組で大真面目に意外な発言をする番組が話題になっています。

ツイッターなどでももう放送が終了してしまったにもかかわらず、ツイッターでもトレンドに入ったりして反響を呼んでいます。

スポンサードリンク

この記事ではその山田孝之さんが話す人となって進行していく番組について迫ってみたいと想います。

話題になっている山田孝之が話す人として登場する番組とは?

司会を林田理沙アナウンサーが担当し、山田孝之が話す人として進行していく番組はNHK・Eテレの『植物に学ぶ生存戦略』という大真面目なタイトルの番組です。

この放送はもうすでに終了しているのですが、NHK総合の『NET BUZZ』(毎週木曜 午後11時55分~)という番組で紹介されたことで、放送が終了したにもかかわらず話題に登っているようです。

これについて大物俳優というイメージがついている山田孝之の意外な面をみることができる番組内容に”面白い”というツイートが散見することができます。

山田孝之さんといえばバラエティに出てきてもそんなに喋ることなくマジメな印象をうけてしまう俳優さんですよね。

それが意外な面を惜しげもなく魅せてくれる番組内容に違和感を感じつつも楽しんでいる人が多くいるようです。

気になるシュールな内容とは?

一体どんな内容での番組進行なのか気になったので一部紹介してみます。

セイヨウタンポポ

これはタンポポという可愛らしい名前について「名は態を表しません」と発言し、それについての例えの部分になります。

濁音は近寄りがたいイメージがありますが、破裂音は可愛らしい印象をうける。

タンポポは非常にしたたかに人間社会で生存してきた強い存在なのに名前で親しみやすいいい印象をうけているということです。

ヘクソカズラ

ヘクソカズラは花粉や蜜にたどりつくまでに剛毛を持ち、アリが花の中に入るのを剛毛で防ぐことができますが、花粉を運んでくれるハチは受け入れるという生態をもっています。

このたとえが自分自身の剛毛です。

パネルでギャランドゥ(胸毛)とひげ面の写真を用意して、「この剛毛をすきかどうか分かれると思います。つまり剛毛によって人を選別しているのです。」と説明しています。

ツユクサ

花粉を食べられないように偽物の花粉を用意して、偽物に夢中になっているハチの背後から本物の花粉をつけておき、他家受粉を目指す戦略をとる植物です。

これに対しての例えがキャバクラです。

パネルで魅力的な写真をのせておいて、実際は・・・というような女性が出てきて、いい雰囲気にさせたところで他の系列店を案内するといった形で説明しています。

スポンサードリンク

セクシャルでハラスメントな発言も!?

放送は3回行われていますが、それぞれに下ネタだったり、ハラスメント的な発言が出てきます。

発言が山田孝之さんでなかったり、Eテレでなければ普通のバラエティでも出てきそうなんですが、一見マジメに見える番組内容なためにその意外性に惹かれてしまうようです。

一例を紹介します。

・ツユクサ
 数時間の命の間で他家受粉に失敗した場合は自家受粉するという場面で”一人セックス”と言っています。

・セイヨウタンポポ
 見た目や名前が可愛いが強引に勢力を拡大したセイヨウタンポポに関して、”ラブリーな服装をした女性は、大抵腹黒い人が多いじゃないですか”と言っています。

・ヘクソカズラ
 ヘクソカズラのようにすごい剛毛のパネルを貼っている状態で林田理沙アナに対して、”剛毛は好きですか?”と質問。

 ○年収2000万円の医者 バツイチ
 ○年収700万円の公務員 実家ぐらし
 ○年収100万円の俳優の卵 イケメン

 というパネルを用意して、林田アナに”どれか選んでください”

 ↓

 林田アナ”う~ん、どれも魅力的だけどこれだけだと決められないですよね”

 ↓

 山田孝之”決めてください”

 強引すぎるw

まとめ

山田孝之が大真面目に植物のしたたかな生存戦略を例えを使って説明する番組は非常にシュールで危ない発言が目立つ番組でした。

山田孝之の意外な一面をみることができる番組のために話題になったようです。

以上、やすがお送りしました。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする