清水有高パワハラ訴訟への抗議と取り消し要求で今後の展開は?【ビ・ハイア】

清水有高パワハラ訴訟への抗議と取り消し要求で今後の展開は?【ビ・ハイア】

こんにちは!

清水有高氏(ビ・ハイア株式会社代表取締役社長)に対するパワハラ訴訟問題に関して、清水有高自ら10月23日のTBSビビットに出演し、反論しましたね。

それと同時期に会社のブログにおいて、文書にて報道記事への講義と取り消し要求を提出したとの書き込みがありました。

スポンサードリンク

この内容において、原告側の主張に対して真っ向から対立する形となり、裁判が非常に長引きそうな様相を呈していますね。

この問題に関してこの記事で講義の内容など経緯について書いていきたいと思います。

関連記事

こんにちは! またもやパワハラによって自殺者がでて、その訴訟問題がニュースになっていますね。 【賃金天引きも】「生きてるだけで迷...

パワハラ訴訟や報道記事に関しての反論の記事内容について

訴訟から2つ目となる記事を更新したブログを抜粋形式で掲載していきたいと思います。

2018年10月17日付朝日新聞東京版第三社会面およびインターネット版に向けて書かれた内容になります。

まずは全否定から入ります。

本記事は、原告側の述べた虚偽の内容をあたかも真実であるかのように見出し・本文・写真そのほかとも記述し、総体として読者を誤認に導く、極めて遺憾な内容と言わざるをえません。

もちろん内容については原告側の主張のみを掲載し、そこから考えられることを書いたものと思われます。

このようにも述べていますね。

1)民事訴訟の提訴段階での原告の主張および訴状内容は、事実の裏付けがない一方的な「主観」にすぎません。

この後でこうも述べています。

弊社および代表取締役清水有高の権利を踏みにじり、社会的名誉を不当に毀損しています。

名誉毀損により新聞社を訴えるという姿勢をとったということでしょうね。

今後朝日新聞社の対応如何で泥沼裁判とかしていきそうな展開が予想されます。

この次に個人についての反論をしています。

2)御社経済部タキザワ記者の取材は、弊社および代表取締役清水有高の反論の機会を奪いました。タキザワ記者の電話取材の申し込みに対して、原告側の主張があまりに事実からかけ離れているため、電話では答えきれない旨を説明したにもかかわらず、タキザワ記者は弊社側の言い分を取材することを怠り、そのまま記事を出版しました。今日に至るまで、タキザワ記者は弊社側と面談すらしていません。

その後で、こうも言っています。

原告の主張する虚偽があたかも真実であるかのような誤認を読者に広めています。また、弊社および代表取締役清水有高の権利を踏みにじり、社会的名誉を不当に毀損しています。

これは会社がダメなら個人を訴えますよという意味あいなのでしょうか?

そのための布石のようにも思えますね。

また具体的な例での反論もしています。

<例1>弊社は原告に事務所に住むよう強制した事実は一切ありません。原告たちは事務所の鍵を持ち、いつでも自由に出入りできました。事務所に住むことを申し出たのは原告側です。

完全に対立をしています。

録音データなどはあるとは思えないですから、どうしても水掛け論になってしまいますよね。

次には驚きの出来事が書かれています。

<例2>原告が弊社および代表取締役清水有高に経済的な自由を奪われていたという原告の主張は虚偽です。弊社は原告に正当な報酬を払っていました。更に原告は顧客からの販売代金を不正に個人口座に入金しておりました。その証拠に何年にもわたって顧客から入金されていた原告の通帳があります。現段階においてその金銭は数百万円に及びます。捜査を進めればこの金額は更に増えるものと思われます。よって原告が主張している経済的自由を奪われていたという主張は虚偽です。現在原告に対し民事、刑事双方で法的手続きを進めております。

不正入金という新しい言葉が出てきました。

これがもし本当だとすれば非常に原告側にとって不利なことになると思えます。

今後の展開を見守っていくしかなさそうですね。

以上から、弊社は当該記事について取り消しまたは訂正、そしてお詫びの掲載を御社に求めます。10月29日までにご回答ください。もしご疑問をお持ちでしたら、弊社は原告側の主張が虚偽である旨を証拠とともに説明する用意があります。

誠意ある回答が見られない場合、弊社はやむなく法的措置を取る用意があることをご認識ください。

かなり強く出てきましたね。

とにかく29日までに当たらな展開を見せてくれるようですので、非常に気になるところです。

TBSビビットでの内容

ブログの内容とかなり似たようなものになりますが、本人が直接インタビューしているという点において、かなりこの裁判に関して自信があるのかなとも少し思えてしまいます。

ほぼ真っ向からの大反論ということになりますね。

ブログの内容ともかなり一致していると思います。

これに対してネットではまだ叩く勢いが強いです。

スポンサードリンク

ネットの声

非常にネックになる部分ですよね。

どこまで原告の人間に仕事をさせていたのかその内容が非常に気になります。

その内容については今まで触れていませんよね。

まったくもってそのとおりですよね。

自殺した大山さんの絶望感がなんだったのかが一番の焦点になると思います。

まとめ

泥沼的な様相を見せている裁判ですね。

まだまだわからない事実がたくさんあり、先が見えない状況ですが29日までに新聞社の回答があるはずなので、今後の展開を見守りたいと思います。

以上、やすがお送りしました。

スポンサードリンク