渋谷ハロウィンが無秩序・無法地帯!泥酔・火事・逮捕者などひどすぎ

渋谷ハロウィンが無秩序・無法地帯!泥酔・火事・逮捕者などひどすぎ【動画・画像】

こんにちは!

10月31日でハロウィンは終わりましたが、10月後半は渋谷のハロウィンの無法ぶりが連日ニュースになりましたね。

軽トラックを横転させたり、痴漢で逮捕者が出たりと無茶苦茶でした。

スポンサードリンク

ハロウィンってこんなイベントじゃないはずなのに・・・

そう思う人がほとんどだと思いますが、この時期だけはハロウィンで騒ぎたい人が渋谷に集まってしまうんですよね。

この記事では2018年に起こった渋谷でのハロウィン騒ぎでの未秩序ぶり、無法地帯と化した状況をお伝えしていこうと思います。

そもそものハロウィンとは?

ご存知の方がほとんどだと思いますが、もともと日本にはハロウィンの風習なんてありません。

もともとは毎年10月31日に行われるヨーロッパ中心地区で起こった祭のことでした。

この祭の意味合いとしては秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出すというもので宗教的な要素が強いものでした。

日本でいう新嘗祭にも似たような意味があります。どこの国でも見られるような自然の恵みに感謝するイベントなんですね。

それがアメリカに渡り、民間でも楽しめるようになりました。

秋の収穫物の代表格であるカボチャの中身をくりぬいて「ジャック・オー・ランタン」を作って飾ったり、子供たちが魔女やお化けに仮装して近所の家をまわってお菓子をもらったりする形に変化したのが最近の話です。

子どもたちがお菓子をもらうための合言葉としてできたのが、「トリック・オア・トリート(Trick or treat.)お菓子をくれないと悪戯するよ(直訳:いたずらか、お菓子か)」で、日本でもこういったイベントが一部で入ってきて、少しずつ広まっていきました。

つまり日本に入ってきたときにはすでに子供のためのイベントになっていたわけですね。

しかし渋谷は違います。

大人になりきれていないような若者が馬鹿騒ぎするというイベントに変化させてしまっているのです。

もちろん全員が全員というわけではないですが、このイベント時期には渋谷でいろんなことが起こるようになりました。

渋谷で楽しむ人達は「見知らぬ色んな人と写真を撮るなど、みんなで楽しめるのが良い」とか「街中で仮装ができるイベントは他にない。会社に衣装を持って行き、直接参加した」など唯一無二のこのイベントでの楽しさを見つけているようですが、一部の思いやりのない人たちが渋谷の街を無法地帯にしました。

渋谷のハロウィン2018の無秩序な姿

全体像がつかめていませんが、痴漢やすりで逮捕者が出ているようです。

喧嘩などもあったようです。

この動画だと泥酔していてまさに泥仕合といった感じがしますが、誰も止めようとしていないというのが、また世紀末的な雰囲気を持っていますよね。

夜中だというのをいいことに行動でドリフトするなどやりたい放題して、それを煽る人たちもいます。

警察の力では押さえつけられないほどになっていて、いつ暴動が起きて死者が出てもおかしくない状況になっているようです。

ゴミの散乱は毎年のように当たり前の光景になっているようです。

日本人ってそうじゃないだろうと思う。

トラックに乗る女性を投げ落とすような暴力もあったようです。

もちろんどちらも悪い話です。

ハロウィンの若者が原因かどうかはわかりませんが、火事騒ぎもあったようです。


ニュースにもなった軽トラック横転映像です。

秩序も何もあったもんじゃない。

スポンサードリンク

藤田ニコルのコメントで誤解を生じる

藤田ニコルさんも高校生の頃にこの渋谷のハロウィンを楽しんでいたようで、ツイートしています。

この自分のせいというところに世間が反応したようで、その後「痴漢が100%悪いけど、自分が嫌な思いする前に対策出来る事や少しでも気をつけた方がいいよねって事いいたかった」

というように注意を促す意味でツイートしたと訂正しています。

まとめ

日本のハロウィンも一度見直してほしいですね。

もちろん正しく遊んでいる人達がほとんどだと思いますが、渋谷を無法地帯としていたらほんとに死者がでます。

その前にしっかりを練ってほしいと思います。

川崎のハロウィンのように有料制にして成功している例もありますので参考になると思います。

以上、やすがお送りしました。

スポンサードリンク