スーパーマラドーナ田中がサイコパス発想でやばい!面白いエピソード

スーパーマラドーナ田中がサイコパス発想でやばい!面白いエピソード

こんにちは!

M-1グランプリも近づいてきましたね。

今年の芸人の王者ともいえる祭典の頂点が誰になるか非常に気になりますよね。

スポンサードリンク

そんななかでも4年連続で決勝進出しているスーパーマラドーナには多大なる期待が集まりますよね。

いじめっこであるツッコミの武智といじめられっ子でサイコパスな田中。

活動歴も長く、非常にテンポよく王道な漫才を楽しませてくれる芸人さんですが、田中さんのほうの発想とかがサイコパスすぎてやばいという情報が多かったので、この記事ではそんなサイコパスな発想などを集めてみました。

奥さんとの馴れ初め

千鳥MCの『イッテンモノ』のゲスト漫才師にスーパーマラドーナが出演。田中が、ファンの女の子に対する悪行を赤裸々に語る。

田中:後輩から、僕のことを大好きだっていうファンの娘がいるって聞いたんで、「紹介して」って呼んだんですよ。僕のこと好きやから、なんでも自分の都合のいいようにできるじゃないですか。

ノブ:「都合のいいようにできる」って(笑)

大悟:もう一回そのセリフ繰り返してみ。どんだけ異常なことを言うてるか。脳が震えあがるようなこと言うてるで(笑)

田中:可愛かったんで、よっしゃーと思って、家に呼んでご飯作ってもらったり、掃除してもらったり、奢ってもらったり。これホンマ言いづらいですけど、Hした後にすぐ帰らせたりとか(笑)

ノブ:最悪やな、こいつ(笑)

大悟:今日、引退の日か(笑)

田中:その子が、今の奥さんです。

全員:へーーっ。

伊達:なんだ、良い話だったんだ。

引用元:『イッテンモノ』2018年7月5日放送回

二人にとっては良い話でも一般的には受け入れがたい話ですよね。。。

大先輩への失礼な物言い

WEB配信番組『よしログ』にて、武智と田中のフリートーク。田中は空気が読めないうえに大先輩や師匠たちに失礼な暴言を吐くことが度々あると武智が諫める。

武智:桂文珍さんに、「落語上手いっすねえ」って言うたんですよ、こいつ。

田中:うまいでしょ?

武智:うまいよ、そら! うまいを超越してんねん。

田中:はい。

武智:オール阪神師匠に、喫煙所で「ずっと喋ってますよね。喋り上手いっすねえ」って言うたやろ? トミーズの雅さんに「ずっと同じ髪型ですねえ」って言うたりとか。やめて!

田中:でも、そうでしょ?

武智:トミーズさんがMCのときに若手もバーッておって、おまえと健さんが絡んでるときに、健さんがなんか言うて爆笑起こって、これで終われるっていうときに雅さんがもう一回おまえのにマイク持って行ったときにおまえ、雅さんにでっかい声で「絡みにくっ!」って言うたよな(笑)あれやめや、ホンマ! 怖いねん、見てて。

田中:僕が怖かったですよ、えっ、ここで来る? って思って。

武智:あと、中田カウス師匠にね…

田中:いっぱいいますね(笑)

武智:この話が一番怖いですけど、中田カウス・ボタン師匠と祇園花月いっしょやったときに、お昼ぐらいですよね、1回目の出番終わったときに、師匠が袖で見てくれてはったんですよ。ほんで、僕らが舞台から帰ってきたときに、「どや、ウケたか?」って言ってくれはって。内心まあまあウケたんですけど、そこはまだ若手ペーペーやから、「いやあ、まだまだ勉強中です」って言うたらこいつが横で、「めっちゃウケましたわ、余裕でトリ取れますわ!」って師匠に言って(笑)そのまま間髪入れずに「メシ行きましょうよ!」ってカウス師匠に言って(笑)師匠もビックリして「えー、そやな、2回目の出番終わって夕方から、わしの行きつけの焼き肉屋あるから、一緒に行こか」言うたら、「いや僕、夕方からは用事あるんで、昼メシのつもりやったんですよ、また行きましょうね」て言うたんですよ、こいつ(笑)おれホンマ怖いから、やめて。

田中:いや、僕もビックリしましたよ。昼メシや思ってたんでね。

武智:おれがいちばんビックリしとんねん! 殺されるか思たわ。

引用元:『よしログ』2017年9月24日公開

おそらく田中さんには同じ人間として上下とかあまり意識していないのかもしれませんね。

とにかく一緒に仕事をしている武智さんにしてみれば、ほんとに冷や汗では済まないですよね。

ノンスタイル井上の事件の裏側

武智はノンスタ井上が車で当て逃げ事件を起こしたとき、その助手席に乗っていた。武智に責任はないものの、事件の同乗者ということで巻き添えになって、仕事が一気になくなったという。

武智:ホンマに悲しいというか、運がないというかねぇ。M-1グランプリで3位になって、ホンマドッカーン仕事入ってきたんですよ。そのわずか1週間後に、あの事件ですからね。

田中:ねえ。

武智:まあ詳しく言いますと、東京のある収録に行かせていただいてて、仕事が終わって、局の前にタクシーがおって、僕と田中とマネージャーの3人がタクシーに乗り込もうとしてて、田中とマネージャーは乗り込んでたんですよ、タクシーに。

田中:はい。

武智:あと僕乗るだけやったんです。僕も体半分乗ったんですよ。そのときに「久しぶり!」って後ろから言われて、パッて見たら、井上やったんですよ。「おお、久しぶりやなあ」ってなって、1年ぶりぐらいやったんで。同期やし。「おれ、車で来てんねん、今日。おれ、車を家に停めて、家の近くに後輩を居酒屋に待たしてるから、おれの車乗っていっしょに飲みにいかへん?」って言われたから、その後なんもなかったんで、「おお、ええよ」ってタクシー降りたんが、最後やったんですよね。

田中:ねえ。

武智:だから半分乗ってたんで、あと10秒ズレてたらもう、行ってたんすよね。

田中:もしかしたらね、もっと仕事が多かったかもしんないですね。

武智:まあ、確かにそれはあるでしょうね。あの件があって、今まで入ってた仕事がものの見事に×になってね、ホンマに。スケジュール表に残ってたのが「事情聴取」だけでしたよ(笑)

田中:仕事は仕事ですからね。

武智:なんでスケジュールに書くねんとは思いましたけど(笑)

田中:絶対行かなあかんからですよ。

武智:やっぱあの件で「おい! せっかく忙しくなるとこやったのになにしてくれてんねん!」って思てる?

田中:僕ですか? いや思ってないですね。逆に「ラッキーや」思ってましたね。

武智:なんで?

田中:休みのあいだに新婚旅行行きましたから(笑)

引用元:『よしログ』2017年10月19日公開

これに関してはなかなか有効に時間を使っていますよね。

武智さんにしてみれば一気にビッグになっていくチャンスだったのに、田中さんはとりあえず新婚旅行ができたからラッキーというなんとポジティブなサイコパスなんでしょう。

スポンサードリンク

社会不適合者

『アメトーーク 相方向上心ない芸人』に武智と田中が出演。漫才のネタは武智がすべて書いているが、田中にもなにか考えるぐらいはしてほしいと武智が語る。

武智:「4分ネタの、ここの1ボケだけ、考えてきてほしいねん」って言ったんですよ。それぐらいやったらええかなと思ったら、夜に田中の奥さんから電話が掛かってきて。「うちの旦那がね、いま夜の公園でブランコ乗ってね、下向いてずっと漕いでるんですよ。なんか聞くところによると、『ボケを考えて来い』って仰ったみたいですねえ。あれ、やめさせてもらっていいですか?」って(笑)

全員:ええーっ(笑)

武智:奥さん使って、逃れようとするんですよ。

宮迫:思いつかへんかったから?

田中:優しい奥さんですねえ。

武智:違うやろ! そういうことではないやろ(笑)

引用元:『アメトーーク 相方向上心ない芸人』2018年10月11日放送回

まぁ実際こういうふうに家族を使って連絡する人いますね。

でもここまで露骨な態度ってなかなかのもんですよね。

まとめ

ひ弱な感じのスーパーマラドーナ田中ですが、実は非常に努力家で一人での練習などをしっかりやるようです。

だからひ弱なイメージを出しつつも完璧なボケができるんですね。

4度目の正直のM-1グランプリ頑張ってください。

以上、やすがお送りしました。

スポンサードリンク