吉岡里帆がM-1グランプリで勝者になって株を挙げた理由が気になる

吉岡里帆がM-1グランプリで勝者になって株を挙げた理由が気になる

こんにちは!

M-1グランプリが終了してもう3日目ということで、熱もだいぶ冷め始めてきましたね。

一部酔っ払って上沼恵美子さんへの批判によって炎上するという騒ぎもありますが、それも時間とともに風化していくでしょう。

スポンサードリンク

今年のM-1グランプリは霜降り明星が優勝を勝ち取りました。

まだ20代の若き芸人さんで、平成生まれという世代交代も予感させる結果に時代の流れを感じた人も多いのではないでしょうか。

また、霜降り明星は面白くない!和牛のほうが面白かったといった意見もチラホラ聞こえるのも事実ですよね。

そんな中、M-1グランプリの最中に一人勝ちをした女優さんがいたのを御存知でしょうか?

それが今年大ブレイクしている女優の吉岡里帆さんです。

この記事ではなぜ芸人の祭典であるM-1で女優の吉岡里帆さんが勝者で、株を挙げたかなどを書いていきたいと思います。

M-1グランプリの真の勝者が吉岡里帆のなぜ?

ちなみにM-1グランプリでの司会では同じく女優の上戸彩さんが担当されていますが、なぜ出演していない吉岡里帆さんが勝者になったのでしょうか?

それは『M-1グランプリ』の放送中に流れるCMにおいて協賛する日清『どん兵衛』のCMが頻繁に放送されていたのです。

そのCMで主演を務めるのが星野源さんと擬人化したキツネ役の吉岡里帆さんだったのです。

注目しているM-1グランプリの視聴者に対してここぞとばかりにいろんなバージョンのCMを流したことで、そのかわいい演技をするキツネ役の吉岡里帆さんにメロメロになった男性視聴者が数多くいたためです。

ネットでも番組の最中にもかかわらず「優勝は吉岡里帆」という声もあがっていたほどの反響ぶりだったようです。

ただ「演技があざとい」というアンチの女性視聴者もいたようで、いろんな論争で、ネットも賑わっていたようですね。

スポンサードリンク

ネットの声

結局のところM-1を観ていた人はとにかく「どん兵衛」も食べたくなるし、吉岡里帆が可愛いし、とにかく幸せに感じる人が多かったんではないでしょうか。

アンチの人にとってはうざかったのかもしれませんが、目まぐるしくメディア露出に成功した吉岡里帆は勝ち組になったのは間違いありませんね。

まとめ

M-1グランプリの最中に頻繁に流れた数パターンの「どん兵衛」CMによって視聴者に愛くるしい吉岡里帆がさらされて、自然とファンが増えて書き入れ時の日清にとってもおいしい結果となりましたね。

以上、やすがお送りしました。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする