ダリア・ビロディド(美女柔道家)の熱愛交際彼氏は日本人!?【画像・プロフ・行列】

ダリア・ビロディド(美女柔道家)の熱愛交際彼氏は日本人!?【画像・プロフ・行列】

こんにちは!

美しすぎる美女柔道家でなおかつ17歳にして世界一にも輝くダリア・ビロディド(DARIA BILODID)さんが「行列のできる法律相談所」に出演しますね。

モデルのような9頭身でありながら格闘スポーツとして世界でもメジャーな柔道でも類まれな才能を発揮するという「天は二物を与えた」「鬼に金棒」とはよくいったものですよね。

スポンサードリンク

そんな輝く彼女にクローズアップしていきたい。

この記事ではダリア・ビロディドさんのプロフィールや熱愛する交際彼氏について画像なども交えて調査していきたいと思います。

ダリア・ビロディドのwikiプロフやいろんな情報

名前:ダリア・ビロディド(Daria Bilodid)
出身:ウクライナキエフ地方
生年月日:2000年10月10日(18歳)
階級:48キロ級
得意技:大内刈り、三角絞からの崩上四方固

ダリア・ビロディドさんの母国は旧ソビエトで今はウクライナのキエフというところですね。

ウクライナは親日国として知られていて、主に体操で有名だったりするところですよね。

そんな環境でダリア・ビロディドさんの両親もはじめはウクライナでメジャーな体操で進んでほしかったようなんです。

ダリア・ビロディドの家族

ダリア・ビロディドさんの両親はともに柔道家でした。

ダリア・ビロディドさんの父親は2005年の柔道の世界選手権において第3位になったことのある有名な柔道家で、ゲンナジー・ビロディドさんです。

欧州では2回もチャンピオンになっていて、かなり有名ではありますが、3度のオリンピック出場経験がありますが、残念メダルには届かなかったようです。

母親のほうも柔道をされていたようで、名前をスヴェトラーナ・クズネツォワさんといいます。

今は現役ではないですが、基本的にダリア・ビロディドさんの遠征先でのコーチは母親がやっています。

家族で柔道家であり彼女の才能も両親の支えがあってなりたっているようですね。

ダリア・ビロディドの経歴

2018年の柔道世界選手権において、田村亮子(現:谷亮子)さんの持つ記録を塗り替える大会史上最年少となる17歳での世界女王の座をとったダリア・ビロディドさん、日本での注目度も「YAWARA」と同じくらい集めています。熱さでいえば圧倒的にダリア・ビロディドさんですね。

もちろん注目されているのは柔道だけじゃなく、その美貌あってのことです。

モデルのような9頭身美女でありながら格闘スポーツでもある柔道という二物の天才が誕生したという衝撃は計り知れないです。

先述のように彼女ははじめ体操で進んでいってほしいという両親の願いで体操を行っていました。

体幹を鍛えるスポーツとしては柔道とも共通している体操で、ウクライナではとてもメジャーなスポーツなので当然といえば当然ですよね。

しかし、彼女の興味は両親のやっている柔道でした。

早いうちから柔道の才能を発揮して、14歳にして44キロ級を制覇し、今は階級を上げて48キロ級においても女王に輝いています。

自身のインスタでも披露しているように柔道家とはとても思えないような美貌をもっていて、モデルエージェンシーからのスカウトなどもたびたびあるようですが、結局すべて断っていて、柔道に専念するという志を貫いています。

スポンサードリンク

ダリア・ビロディドの彼氏は日本人?

世界的に輝いているダリア・ビロディドさん。

そんな美しい柔道家の彼氏はすごい人なんでしょうと思ってしまいますよね。

そんなうらやましい人は誰なんだと探してみましたが、情報はありませんでした。

しかしダリア・ビロディドさんがなぜ日本でそこまで注目されているのかという理由が最近明かされました。

ダリア・ビロディドさんは2000年の東京五輪に向けて、日本のマネジメント会社と契約して、練習の拠点を東京に移したんです。

その理由は強いライバルがいっぱいいるから!

一番をつねに目指す彼女にとっては彼氏よりも柔道の王座です。

そのためにぐっと日本との距離が近づきました。

それ以前にもウクライナは親日国として有名な国ですから、元々柔道の母国としての日本へのあこがれがあったのかもしれないですね。

もしかしたらそのうちに日本人の彼氏が!なんてこともあるかもしれませんね。

夢のような話ですが、これから日本のメディアでの露出というのも増える可能性はありますね。

まとめ

ダリア・ビロディドさんは東京オリンピックのために練習の拠点を日本に移した。

ダリア・ビロディドさんの彼氏の情報はまだありませんが、日本でのメディア露出が増える可能性は高いです。

以上、やすがお送りしました。

スポンサードリンク