米津玄師が前髪で素顔隠す理由は自閉症か照れ屋?才能にも影響してる?【画像】

米津玄師が前髪で素顔隠すのは自閉症が理由?才能にも影響してる?

こんにちは!

2018年も終えようとしていますね。平成最後の年末でもある年に米津玄師さんは大ブレイクしましたね。

実はもっと前からふつふつと人気はあったようなんですが、大ヒットした『Lemon』だけでなく、東京メトロのイメージソング『アイネクライネ』や2020年の東京五輪の応援歌である『パプリカ』のプロデュースであったり、昨年ヒットしたDAOKOさんの『打上花火』の作詞作曲を手がけていたり、曲のイラストや動画の編集なども自分で手がけるなどその才能は多岐に渡って花を咲かせています。

スポンサードリンク

そんな才能の塊のような米津玄師さんの姿は長身のイケメンといった感じですが、だいたいいつも前髪で片方の目が隠れていたりなど非常に謎が多い人でもあります。

そもそもメディア露出が極めて少ない人なのでさらに謎が深まりますよね。

この記事では米津玄師さんの魅力や才能について迫っていきたいと思います。

米津玄師が髪で顔を隠すのは病気なのか?自閉症?うつ病?

米津玄師さんはいつも前髪で片方の目が見えない、下手をすると両目でさえも隠れているんじゃないかというくらい顔が隠れています。

そんな状態でほんとに前が見えてるのか?ってくらい心配してしまいます。

­こういった素顔をあまり見せない、メディア露出が極めて少ないというのは実際のところ病気からくるものである可能性もあります。

以前のインタビューでは米津玄師さんは「うつ病を患っていた」と告白していますし、「高機能性自閉症」という診断を医者からうけたとも言っています。

こういった病気によって人とのコミュニケーションの取りづらさなどで人前に出ることをあまりしないそうなのです。

前髪で顔を隠しているのは自身のファッションということもあるでしょうが、人との関わりを少しでも減らす目的があるのかもしれませんね。

スポンサードリンク

病気が与える影響はどんなものがある?

実際のところ「高機能性自閉症」が人に与える影響とはどんなものがあるのでしょうか。

一部の発達障がと似るところがあるようですが、簡単に言うと特定分野への集中や才能の発揮などがプラス部分で作用することがあるようです。

マイナス部分としては人との関わりを避けたり、リズムがまちまちだったりするようですね。

だからこそテレビなどのメディアの露出を控えていたのかもしれません。

予約しておいて、ドタキャンという場合が簡単に予想できてしまいます。いくら才能豊かで人気があってもそういったことを繰り返せばどうしても信用を失ってしまうからしょうがないことなのでしょう。

現状できることを少しずつこなしているといった感じなのでしょうか。

まとめ

米津玄師が髪で顔を隠すのは自閉症の影響を否めないが、昔からこういったヘアスタイルのために自身のファッションと定着しています。

今後もその才能によって話題を呼ぶことになりそうですね。

スポンサードリンク