熊本地震は油断できない!本震は2日後?非常時のチェックリスト【2019平成31】

国内ニュース
スポンサーリンク

こんにちは!

1月3日に熊本にて震度6弱の地震が起きました。

これによって2016年(平成28年)の熊本地震を思い出す人も多いことでしょう。

今回はその前出の地震での経験・教訓をもとに今回の地震で油断をしないように、まさかの出来事に備えていきたいという思いで記事を書きました。

 

スポンサーリンク

­本震は2日後の意味とは?

題名でも書かせていただいているのですが、本震は2日後?というのはどういうことか。

ピンとくるという人もいると思いますが、前回の熊本地震のときも、その前の東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)のときもそうだったように、はじめにそこそこの地震がきて、2日後にバカデカイ本震がくるというパターンだったからです。

いつだってそうなんですが、油断ができない地震なんです。

熊本地震(平成26)の場合は

4月14日 マグニチュード6.5

4月16日 マグニチュード7.3

東日本大震災(平成23)の場合は

3月 9日 マグニチュード7.3

3月11日 マグニチュード9.0

という感じでした。

そういった最悪のパターンも想定して非常事態に備えてほしいと思います。

 

スポンサーリンク

­非常時・緊急時に備えるチェックリスト

皆さんそれぞれが思い描いている緊急時用のチェックリストがあると思いますが、所詮は人の記憶。そして緊急時になれば頭が真っ白になってしまうのが常です。

日頃からのチェックというのを大事にしたいところですよね。

貴重品

  • 現金
  • 車や家の予備鍵
  • メガネ・コンタクトレンズなど
  • 銀行の口座番号・生命保険契約番号など
  • 健康保険証・身分証明証・母子健康手帳
  • 印鑑

防犯との兼ね合いで難しいところではありますが、しっかりと本人が場所を決めておかないと緊急時の判断が遅れてしまいます。

 

情報収集用品

  • 携帯電話・スマホ・充電器
  • 携帯ラジオ
  • 家族の写真(確認用)
  • 緊急時の家族・親戚・知人の連絡先
  • 広域避難地図
  • 筆記用具

筆記用具なんかは意外に盲点なのかもしれません。

食料

  • 非常食
  • 飲料水

便利品

  • 防災ずきん・ヘルメット・帽子
  • 懐中電灯・電池
  • 笛・ブザー
  • 万能ナイフ
  • 使い捨てカイロ
  • マスク
  • ビニール袋
  • 保温シート・防寒着・雨具・毛布
  • スリッパ・靴・長靴・軍手・革手袋
  • マッチ・ライター
  • 給水袋・レジャーシート・簡易トイレ

どれも大変必要になってくるものです。命にかかわるものなので怠りなく。

 

衛生・清潔・健康のため

  • 救急セット
  • 常備薬・持病薬
  • タオル・トイレットペーパー・ティッシュ
  • 着替え
  • 紙おむつ・生理用品
  • 粉ミルク・哺乳瓶(赤ちゃんに必要なもの)

備えあれば憂い無しとはいえども何もないのが一番です。安心を買うつもりで備えておくのが大事だと思います。

スポンサーリンク

まとめ

いつなんどきどんなことが起こるか想像できません。

自分と大事な人のためにできることはしていきたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました