レイシューレコーズ社長kの正体が気になる!米津玄師を独占する実態とは!?

レイシューレコーズ社長kの正体が気になる!米津玄師を独占する実態とは!?

こんにちは!

一躍時の人となり、これからもずっとトップをひた走っていくであろう米津玄師さんが2018年の年末の第69回紅白歌合戦に直前になって出演をオファーした話も前代未聞の出来事として話題になりましたが、週刊文春によるとそのNHK紅白歌合戦への出演をプッシュして米津玄師さんの重い腰を動かした人物こそ、所属事務所(REISSUE RECORDS・レイシューレコーズ)社長の女性kということがわかりました。

そしてそのkさんという人が米津玄師さんとながらく半同棲状態での交際を続けている彼女でもあるというのです。

スポンサードリンク

その所属事務所社長kさんとは一体どんな人なのでしょうか?

この記事ではそのあたりについて掘り下げていきたいと思います。

 

­米津玄師の所属事務所レイシューレコーズとは?

米津玄師さんだけを調べていくと、とにかく多彩な才能を持っていることに驚かされます。

音楽や歌詞と歌唱はもちろんイラストの繊細のタッチや雰囲気作りがすごくコンセプトがしっかりしているということに加えて、Youtubeでも自分で動画の編集から公開まですべてやってのけるIT技術の高さも目を見張るものがあります。また、音楽プロデューサーとしても定評があります。

いったいこれだけの作業にどれだけの時間と労力を使っているのだろうと同じ人間であることにすごく疑問を持ってしまうほどのスーパーマンに思えてきます。

しかし週刊文春によると米津玄師の活動の初期(ハチとしてのニコニコ動画時代)において、そのファンになり、その後メジャーデビューへのスカウトに参加して猛烈にアタックを続けた人こそが今の所属事務所の社長であり、彼女kであるということなんです。

米津玄師を調べるとまずレーベルがソニーミュージックレコーズとありますが、実際の所属事務所がREISSUE RECORDS(レイシューレコーズ)になってます。

通常会社のHPには会社の住所や代表者の名前などの情報がのっているはずなんですが、実際のこのHPを探しても米津玄師さんのプロフィールや作品やイラストや日記などの情報しかのっておらず、ファンレター先としてあるのはレーベル会社の窓口でした。

­つまりは米津玄師さんのためだけに作られた個人事務所であり、社長kさんや会社の情報などは一切公開していないということになりますね。

社長kと米津玄師との関係は?

社長kさんという女性は米津玄師のファンであり、私生活でも同棲交際をするような間柄の彼女でもあり、所属事務所の社長でもあるということで、これは関係者での間でも有名な周知の事実ということなんですが、そのことに関してはかなり厳しく、箝口令を敷いているということでした。

人とのコミュニケーションを嫌うと言われる米津玄師さんですが、個人でずっと創作活動させるのではなく、音楽スタジオで専門家やスタッフたちとの活動にシフトさせたのも社長kさんの影響によるものでした。

だから近年の活動の量がすごいことになっていたのですね。

つまりはそれだけ米津玄師さんは社長kさんを信頼しているということになりますが、逆に言えば社長kさんは米津玄師さんを全力でサポートするかわりにプロデュースして完全にコントロールしているともとれます。

客観的に見るとどうしても”独占”しているようにしか見えないですが、ひとえに「米津玄師」として、国民番組で名を売り出せたのもこの社長kさんの力になります。

今後どうなっていくか、非常に注目してしまいますね。

スポンサードリンク

家族も公認の信頼関係か?

この米津玄師さんと社長kさんとは週刊文春によると家族も公認の仲なんだということになります。

米津玄師さんとその父の関係はかなり冷めたものであるというのはよくささやかれている噂ですが、母は全力で米津玄師さんのことを応援していて、週刊文春の記者とも話したようです。

母は二人の関係について認識しているということですが、ここでも取材についての箝口令があるらしく、深いところまではNGだったそうですね。

しかしここまで文春砲で出されてしまうと、kさんについての情報も時間の問題かもしれませんね。

まとめ

米津玄師さんを独占する所属事務所社長kさんについて現在は謎に包まれていますが、今後展開があると思います。

スポンサードリンク