山下智久(山P)主演の『インハンド』漫画のあらすじと放送日は?【ネタバレ・ドラマ】

芸能人
出典:https://japanese.engadget.com/
スポンサーリンク

こんにちは!

久しくメディアに登場していなかった山下智久さん(山P)の最新情報が噂されています。

それが漫画『インハンド 紐倉博士とまじめな右腕』のドラマ化で山下智久さんが主演をするというものです。

天才学者と書かれていますが、この『インハンド』とはどんな漫画なのでしょうか?

一時は激やせして干された節まで流れていた山Pですが、しっかりと主演ドラマを携えて登場してくれそうですね。

作品のあらすじや放送日などを調査してみました。

スポンサーリンク

山下智久(山P)主演のインハンドの原作やあらすじは?

久しぶりの登場となる山下智久さんの主演ドラマ『インハンド』の原作とはどんな漫画なのでしょうか。

作者と作品について紹介したいと思います。

ドラマ「インハンド 紐倉博士とまじめな右腕」の原作について

インハンド 紐倉博士とまじめな右腕

作者が朱戸アオあかとあおさんで月刊アフタヌーンにて連作短編の漫画で現在は新章でイブニングで連載が始まります。

朱戸アオさんは2010年、アフタヌーン四季賞冬のコンテストにて、準入選を受賞後、次々と連載マンガを発表知続けます。

「アフタヌーン」にて2013年『ネメシスの杖』を、2016年『インハンド 紐倉博士とまじめな右腕』を連載。

その後「イブニング」で『リウーを待ちながら』を2018年1月まで連載。

医療サスペンスの新たな描き手として注目を集めている期待の漫画家です。

山Pも今回の主役を受けるにあたってきっと必死でこの漫画を呼んだに違いないと思いますw

まだこの漫画は完結していなく、現在進行系の作品なのでドラマの最終回などはオリジナルで進めていくはずです。

ドラマ「インハンド」のあらすじ

主人公がなんと人が目を背けたくなるような話題の一つ「寄生虫」あ大好きな超変態な学者さんです。

医療問題や扱いが難しい事件の調査を執り行う内閣情報室の健康危機管理部門。

そこから舞い込む厄介な事件の解決に、義手で天才、少し変わり者の寄生虫学者、紐倉 哲が奔走する!!

集中連載の第1話で登場するのはSARS・MARSに次ぐ、第3の新型感染症・TARS。

感染したら最後、5人に1人の割合で死者が出るこの病気だが、遂に日本国内初の感染者が出てしまう。厚労省の水際作戦が失敗していたとしたら——。

感染拡大の原因となっている“容疑者ゼロ”は誰なのか。疑惑が明らかになるにつれ、人間の抱える闇が浮き彫りになっていく。

寄生虫学者というなかなかお目にかかれない人で、義手の天才というサスペンスとしてこれ以上ない要素をもった作品です。

国からも頼りにされるほどの実力をもった紐倉博士が内閣府の依頼によって、医療事件や超難解な事件を調査・解決していく、医療サスペンス分野のお話です。

「インハンド」の口コミ

若返りのために血成分、というのはホームズの時代からある古典的なネタではあるのだけれど。むしろ人類そうそう進歩してないってことか。「リウー」が面白かったのでイブニングの新連載見て前の奴を探す。この前にもう一冊あるのか…この傲岸不遜、探偵役ってのはこうでなきゃ。

だいぶ前に『ネメシスの杖』を読んで面白かったのだが、それを友人に貸したところ、「続きとかないのかなあ?」と言われ、検索したらあるじゃないか! ということで入手。こちらは連作短編の形式なので、ひとつひとつの事件は小粒。紐倉先生のひねくれ加減が好きです。

医療サスペンスとして非常に魅力のある作品で期待する声が高いです。

医療ドラマ「コード・ブルー」で定評のある山下智久さんにとってはうってつけの役ですよね。

スポンサーリンク

ドラマ『インハンド』の放送開始日は?

現時点での発表はないのですが、今1月から始まったドラマシーズンがスタートしたばかりですので、早ければ4月クールからの開始となるのではないでしょうか。

今の所雑誌での発表があっただけなので、今後エキストラの募集など人員確保が必要になってくると思います。

気になる方はぜひ関係ツイッターのフォローをして最新情報を確保しておくといいですね。

スポンサーリンク

まとめ

久しぶりの登場となった山下智久さんが「インハンド」の主役を引っさげてメディアに露出しました。

『インハンド』は朱戸アオさん作者による医療サスペンスで主人公は紐倉 哲で義手の寄生虫学者という変わった設定。

放送開始日は早くて4月から。

コメント

タイトルとURLをコピーしました