新井浩文と事務所は損害賠償で破産!?影響のある作品や芸能人は?

新井浩文と事務所は損害賠償で自己破産!?影響のある作品や芸能人は?

こんにちは!

2019年始まって以来最大といってもよい事件が芸能界を走りましたね。

新井浩文容疑者が強制性交の疑いで逮捕された事件でネットもテレビも荒れています。

スポンサードリンク

荒れているのは情報メディアだけでなく、芸能人や事務所、制作会社など多岐に渡っております。

新井浩文さんは勢いのある俳優さんで映画やテレビドラマ、CMなど数多くの作品に関わってきている有名人であるためにその影響というのが計り知れないですよね。

そこで出てくるのはその関係者からの損害賠償が総額どのくらいなのかということやそれによって負債がすごいことになり、支払能力を超えていくんじゃないかという問題です。

最悪新井浩文の自己破産や所属事務所の倒産ということも考えられるのではないかと記事にしてみました。

今回の不祥事である事件の概要

新井浩文容疑者は昨年2018年の7月に世田谷区の自宅に性的サービス一切なしの出張マッサージを呼び、その女性に強制性交をした疑いで逮捕されました。

今回の利用は4回目で初回においては「性的サービス禁止」の同意書にサインしているということから、勘違いなどのいいわけも何もなく、意図的なものということが明るみに出ました。

「酔っていて覚えていない」との供述もあるようですが、部屋を暗くして帽子を深くかぶっていて顔がわかりにくい状況だったというようにも言われていて、かなり悪質なものであるように現時点では推察します。

被害者との示談は成立しなかったことにより、逮捕という流れになり、その影響というのが計り知れないですね。

7月から半年ほど経っての事実発覚ということで水面下で被害者やサービス店と示談などでかなり揉めたのではないかと想像を掻き立てられますね。

逮捕までの道のりが長かったのかもしれませんが、「こうして女性の性的暴行が世に明るみにでることはいいことだ(男女の社会的地位の差が少なくなっている)」とも言っているように氷山の一角に隠れている部分が世に出てくるようになりましたね。

報道だけが真実だけでなく泣き寝入りする人がもっと少なくなるように願いたいです。

今回の事件で関係する作品や芸能人

先程も書きましたが、新井浩文容疑者はかなり影響力のある俳優です。

関係する作品や芸能人というのは数多くいます。

所属する芸能事務所は有限会社アノレ(ANORE INC.)で代表取締役社長は福山正寿氏になりますが、看板俳優というのが浅野忠信さんと双璧をなすのが新井浩文さんでした。

http://www.anore.co.jp/20190201.pdf

この会社は以前浅野忠信さんの父親が社長をしていたころにその社長の不祥事があったことで看板俳優であった浅野忠信さんが矢面に立たされることにもなりました。現在社長が変わっていますが、度重なる不祥事で信用がかなり落ちることは確実ですよね。

公開予定の映画に草なぎ剛さん主演の「台風家族」と林遣都さんとのW主演の「善悪の屑」があります。

とうぜん主役の草なぎ剛さん、林遣都さんもそうですし、出演者や関係者という人たちに多大なる影響が出てきます。

CMでは「FAITH」というゲームの会社「NEXON(ネクソン)」がスポンサーとなっていますが、すぐさま公開中止になりました。

これに共演していたのが三浦春馬さんです。

新井浩文容疑者は「アウトレイジ」作品への出演者としても有名です。映画アウトレイジといえば北野武監督ですよね。

NHKでも多大なる被害が出ています。

大河ドラマ「真田丸」では加藤清正という主要な役柄だったためにかなり深刻ですね。

スポンサードリンク

新井浩文への損害賠償総額はいくら?

これまで芸能人の不祥事につきものの損害賠償ですが、新井浩文さんの場合はどうなんでしょうか。

現状10億円以上の損害というのが予想されていますが、小出恵介さんの時も10億円以上と言われていましたが、結局のところ約5億3000万とのことでした。

意外に蓋お開けてみたらそんなでもなかったというのがこれまでの判例です。

それには芸能界特有の事情があったようなんです。

小出恵介さんが所属していた事務所というのが、当時『アミューズ』でした。

このアミューズにはサザンオールスターズや福山雅治、吉高由里子が所属していて、こららの人に対する今後の関係性の問題からそうなったということでした。

ネットフリックス配信のドラマ「Jimmy~アホみたいなホンマの話~」についても吉本興業が撮り直し費用を肩代わりしたとも言われています。

ただし、NHKに関しては事情が違うようです。

NHKは皆さんご存知のとおり、視聴者の払う受信料によって成り立っている放送局ですので、そういった裏の事情というのはお構いなしに請求される可能性があります。

そういった具合にいろんな事情が加味されて、小出恵介さんの場合は約5億3000万ということになったのでしょうね。

しかし新井浩文さんはもっと長く芸能界の作品に出ているためにそれよりは多くなるんじゃないかと思われます。

賠償請求先が事務所なら倒産?個人なら自己破産?

芸能界の事情というのはなかなか一般の人にとってはわからないものですが、芸能事務所というのは所属する芸能人の影響力というものが大きいために個人単位での契約ということになることが多いようです。

新井浩文さんの場合も例外ではないようです。

しかも今回は刑事事件となりそうなのでなおさらです。

当然事務所に入っていたお金は切られますが、今回の事件による損害賠償というものは本人に直接請求がいくものとされます。

金額がまだわからない以上どうなるかわかりませんが、仮に10億以上であった場合、払えるような金額ではないように思えます。

ただし自己破産することがわかっていて請求はしないとは思われますので、新井浩文容疑者の支払能力を加味して請求額が組まれることと思います。

まとめ

新井浩文容疑者の関わってきた作品やこれから公開予定だった作品など数多くあり、強制性交疑いによる逮捕の影響というのは今の所計り知れない状況になっています。

今後作品やその他映像に関しての調整が入ると思いますが、損害賠償というのは今の所10億円を超えると予想されています。

損害賠償は基本的には事務所へではなく、個人に向けて出されることになりそうですが、新井浩文さんの今後の活動次第では事務所が肩代わりする可能性もあります。

芸能界がほんとに揺れていますね。

スポンサードリンク