梨花のメゾンドリーファー閉店の理由は自身の豪遊が原因?力不足の内容とは?

経済
スポンサーリンク

こんにちは!

モデルでクォータータレントとしても活躍している梨花さんが自身の経営するショップ「MAISON DE REEFUR(メゾンドリーファー)」の全6店舗を閉店するということを発表しましたね。

 

View this post on Instagram

皆様へご報告があります。 . . MAISON DE REEFURは年内をもちまして全店舗、 閉店させて頂くこととなりました事をご報告させて頂きます。 7年前、2012.4.12 息子が誕生した4ヶ月後に MAISON DE REEFUR 代官山第1号店がOPENしました。 その当日の事は 今でも鮮明に覚えています。 OPEN時間11時 お店の扉をあけると そこには雨の日にもかかわらず、 本当に沢山の方が並んで待っていてくれました。 その当時、誰も来てくれなかったらという不安と、 初めての子育てとの葛藤の中で、ちゃんとOPENできたという安堵、皆様があたたかく待っていてくださったことが本当に凄く嬉しくて、 泣き崩れた事を今でも覚えています。 1日目2000人1週間で2万人 1年間で35万人もの方が REEFURに訪れてくれたと聞いています。 色々な街でREEFURのピンクのショッピングバッグを持って歩いている女の子を見かけました。想いをこめてつくったお洋服で歩く子達と遭遇した時のあの感動、 ありがとうの気持ちは忘れません 。 目まぐるしく過ぎていく今の時代 私自身 思考や求めるもの 大切にしたいことが、 だんだん変わっていく中で 心を保ちながら 私の力不足も含めて この大きなビジネスを保つことが、 とても難しいと感じるようになりました。 もがきあがきながら 至らない事だらけの私でしたが、 精一杯かけぬけた7年間でした。 これから残りの人生を どう生きていきたいかを考えるようになった時、 ここで一度立ち止まり、 この先をもう少しゆっくりと歩んでいきたいと思うようになりました。 これまで、 支えてくださった沢山の方々には 本当に感謝の気持ちでいっぱいです。 これまでMAISON DE REEFURという ブランドを愛してくださった皆様 本当にありがとうございました。 最後の日まで MAISON DE REEFURをよろしくお願い致します。 梨花

梨花さん(@rinchan521)がシェアした投稿 –

なぜだろう?と思ったのは私だけではないはず。

たしかに最近テレビに出ることはなかったし、芸能音痴の私に至っては「最近みないな」と調べてみたらもう45歳!

「そっかー、えっ!結婚して子供生んでたの!?」

というくらいのものでした。

もちろんお店を経営して、1号店である代官山店だけでなく、6店舗も出店するという豪腕ぶりにはほんとに驚きました。

また検索してみるとゾゾタウンにも出店していることでも興味が沸きました。

順調そうに見えていたのに急に閉店なんてかなり不審に思ってしまうのも事実。

どういった理由で閉店という結論に至ったのか探ってみました。

スポンサーリンク

ニュースを聞いたネット民の声

梨花さんは自身のインスタにて閉店のお知らせ書き込みを発表しました。

そこには経営する喜びやファンの笑顔に支えられてこの7年間一生懸命突っ走ってきたんだなという思いが感じられます。

しかしこれからは力不足を感じて続けることができないということだったのですが、これらの内容でのネット民の声というのはどういったものなのでしょうか?


この人の人気があってこそだろうし、人気がなくなれば買う人もいなくなる。


それなりに高級志向の人なら、もっと質の良いブランドショップを選択すると思います。

今は安くて可愛いお店も多いし、中途半端に高いお店は行かないかな。


代官山が成功して、ここにしかないからファンは詰め掛けたけど…
調子に乗って手広く広げすぎた結果。

大したモノじゃないのに結構なお値段だったし笑。こだわりを感じられないからハワイ←→日本の渡航費目当てって言われても仕方ない。

代官山のあの場所で7年も頑張ったね、あの場所をもっと大事にするべきだったね。


テレビで人気が出てお金が出来て、自分の理想のショップを!と店をオープンしたはいいが、タレントの人気と比例して売り上げが下がり、値段の割に質は良くないので最後はコアなファンだけが客として残る。7年弱なら持った方じゃない?


シーズンごとに数日お店をクローズして内装を変えてお店自体にとてもお金をかけていた印象です。ここ最近は新しく入れる海外ブランドや美容系に力を入れることが増えていてオリジナルよりもインポートが多く、梨花さんディレクションというよりかはセレクトショップに近かったかな。金額も庶民には厳しかった気がします。
オープン当時からスタッフとして働かれていたジュンナさん・かおりさんが抜けたのも世界観の違いを感じていたのかな。。
日本と海外を拠点にしている分、お店とのコミュニケーションも取りにくかったところもあったのかと思います。ご家族との時間を大事にされている分、両立というのは難しかったのかも。

https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20190302-00000072-spnannex-ent

かなりきびしいコメントが多いなと感じました。

とにかく「値段が高い!」というのがほとんどでしたね。

芸能界での活躍から自身の夢だったショップを持ち、ひたすらに突っ走ってきたわけなんですが、ふと立ち止まって「この先大丈夫なのかな?」と思うことはほとんどの人は経験することなんじゃないでしょうか。

そこで不安になることも当然の過程だと思います。

そこで”閉店”という決断を下したのはやはりその不安だけが原因じゃないような気がしてくるのは私だけなんですかね?

なにかこう違和感を感じたんですよね。

オープン時からのスタッフはやめてしまわれたそうですし、6店舗の閉店となるとそこで頑張っていた人にとってもかなり負担がありそうな気がします。

そんな中で”豪遊”という単語もあったのも気になってどんな生活を送っていたのか調べてみました。

メゾンドリーファー店舗はどこにある?

MAISON DE REEFUR(メゾンドリーファー)の店舗は全部で6店舗あります。

東京、神奈川、愛知、福岡など人口が多い場所に点在しています。

東京エリア
・「maison de reefur代官山本店」
・「maison de reehur ルミネエスト新宿店」
・「maison de reefur KIOSQUE池袋パルコ店」

神奈川(横浜)
・「maison de reefur ルミネ横浜店」

愛知(名古屋)
・「maison de reefurタカシマヤゲートタワーモール店」

福岡(博多)
・「maison de reefur 博多店」

これだけ見るとやはり大成功していて、この経営者は大金持ちなんだなと思ってしまいます。

ただし2012年発足の会社なので、相当急いで出店したのか!?という味方もあり、詳しい情報はこれから出てくるのでしょう。

何にしろ年内でショップは閉店してしまうので行ってみたい人はお早めに!

やっぱり原因は梨花の豪遊か?

2000年台ではバラエティ番組で大活躍をしていた梨花さんですが、最近ではハワイでの豪遊が話題になっていたようです。

噂では月に100万するくらいの家賃で生活していると言われていて、プールまでついているマンションなんだそうです。

日本に来るのは年に数回で、日本でも豪邸を所持しているということです。もちろんその収入源はモデルやCMなどはもちろんですが、自身で立ち上げてアパレルブランドである「メゾンドリーファー」のショップからの売上利益がほとんどであると言われています。

豪遊できるからこそ、今まで店舗経営で頑張ってきたということも考えられますが、その過程で値上げをして庶民からかなり遠ざかってしまったということもあったようです。

また近年では自身のプロデュース作品は減っていき、セレクトショップのようになっていたという書き込みも目立ちました。

何にしても近年ではあまりメディア露出がなかったために真相の理由までは謎ですが、日本でのショップ経営に対する意欲というものを失っていっているということはわかっています。

スターティングメンバーなどスタッフ離れなどもあるようで、当初描いていた夢からは遠ざかってしまったのではないでしょうか。

アパレル10年の壁を越えられなかった

”力不足”とインスタでは書かれていました。

それには非常に多くの意味が詰まっているような感じがします。

アパレル業界ではよく”10年の壁”と呼ばれるジンクスがあるようなんです。

はじめは芸能人ということや梨花さんがミドル世代の新しいブランドで大成功を収めても、10年も経つとオープン時のお客さんももちろん10年歳を重ねます。

そうなってくると当初のターゲットから離れることになりますし、新しいブランドの開拓や顧客のニーズに合わせたシフトというものが年数を重ねるごとに難易度も増してくるといったことで梨花さんは自身の限界を知ったのではないでしょうか。

RUN-WAY

女性専用のお仕事探しサイト

BRANDMATCH(ブランドマッチ)

アパレル業界の転職情報サイト

まとめ

梨花さんが自身のアパレルブランドのショップ「メゾンドリーファー」を閉店しました。

理由についてははっきりわかっていませんが、経営やブランド継続についての意欲が落ちていっての決断だったようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました