潮干狩りの時期は今(3月~5月)が最適!GWのイベントを楽しもう!

テーマパーク・イベント

潮干狩りの時期というのは春から初夏前にかけてが一番最適といわれています。だからちょうどこの3月から5月ですよね。

これにはいろんな条件があって導き出された結論だといわれています。

そんな理由などを交えて潮干狩りの時期についての記事をかいていきたいと思います。

潮干狩りの時期について

潮干狩りの時期というのはおおよそ3月から6月にかけてくらいが一般的で、ちょうどピークが4月から5月のGWくらいが真ん中になることからゴールデンウィークの風物詩としてもしられていますよね。

なんといってもお宝探しのように夢中になることができるレジャーでハマる人は時間を忘れてとことんハマってしまいます。

関連記事

GW(ゴールデンウィーク)がなぜ時期がいいの?

潮干狩りの適切な時期というのは潮の満ち引きの関係が一番の大きな要素となります。

というのもGW(ゴールデンウィーク)などの時期というのがもっとも昼間に潮が引くタイミングが多いということなんですね。

もちろんいつでも潮が引いているわけではなくて、昼間に引くことが割合的に多いということなんです。

潮干狩りは暖かくなりやすい

この潮干狩り時期というのは寒暖の差が激しい日があり、一定して暖かいとか寒いとか図りにくいのですが、急激に暖かくなるような日もちらほらあって、そういう日は潮干狩りにとってうってつけの気候です。

そういった意味でも防寒着などは必需品になります。

関連記事:潮干狩りの紫外線対策

初夏にかけて貝毒が発生しやすくなる

5月くらいまでならまだリスクは少ないのですが、6月以降、特に暑い季節になってくると貝毒のリスクがたかまってきます。

そういった意味でもGW(ゴールデンウィーク)での潮干狩りというのは大事なイベントなんですね。

潮干狩りは是非5月までにいくべし

6月以降がだめなわけではなく、むしろハマグリなどは6月以降のほうが捕れたりします。

でもお宝探しのようなワクワクする潮干狩りを楽しむなら5月までに勝負をつけたほうがオススメですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました