潮干狩りの日焼け対策で服装や持ち物のチェックリスト

テーマパーク・イベント
スポンサーリンク

潮干狩りだけでなくアウトドアなレジャーにはつきものの日焼け対策をこの記事で紹介していきます。

紫外線から身を護るために服装や持ち物などでできるだけ日焼け対策をしておけば後から後悔することもなくなるかも?

シミやそばかすの原因をできるだけ減らしたいですよね。

ただあんまりガチガチに決め込んでも今度はあつすぎたり、せっかくの潮干狩りを楽しむ余裕がなくなってしまうのももったいないので、できるだけ身軽な服装をテーマに紹介していきたいと思います。

関連記事:潮干狩りでの持ち物は?

スポンサーリンク

服装で大幅に紫外線から身を守ろう

まずは大事なのが服装ですよね。

ガチガチに決め込んでも「誰?」って状態では記念撮影とかも憚れますw

アサリをとることに割り切ってのことでしたらそれでもいいのかもしれませんが、できるだけおしゃれでありたいですよね。

そんなコンセプトで紹介していきます。

トップス

潮干狩りシーズンというのは日中暖かくなることもありますが、ときに冷たい風がふいたりすると寒かったり、不意に濡れてしまうと寒さで非常にストレスがかかってしまったりするので体の大部分を覆うための上着というのは非常に大事になってきます。

温度調整が可能で水濡れにも強いのがフードパーカータイプのラッシュガードが一番のおすすめです。

フードをかぶれば頭だけでなく耳や後頭部から首にかけて守ることができます。

指穴付きの袖のものを選択すれば手の甲までまもってくれるという優れものです。

これはレディースですがお子様のものやメンズ仕様のものもあります。

帽子に関しては日焼け対策もそうですが、メインは日射病対策になります。

条件としては幅広く日陰状態をつくってくれるタイプで、後頭部から首にかけて守ってくれるタイプが理想です。

フードなどでそのあたりをカバーできるのであればサンバイザーでも大丈夫ですね。

これはお子様用のものですが、レディースやメンズ用も様々あります。

首周り

首周りに関しては紫外線を通さない色付きのタオルが理想です。

というのも温度が高くなって汗をかいてきたらそのまま汗拭きにもなりますし、袖などが汚れたときにさっとふくことができます。

ただほどけてしまう心配もあります。それを嫌うのであればやはり専用のものを使うのがおすすめです。

こういった専用のものをつかえば隙間も防げて万端ですね。

脚はかなり盲点になることも多いと思います。

長時間しゃがんでいたりしていると通常のズボンではなかなか引っかかったりして具合が悪いですし、防水素材でないと濡れたときにストレスになってしまいます。

それを防ぐのがラッシュガード素材のトレンカです。

ストレッチ素材でしっかりと肌に密着して足首まで紫外線から守ってくれます。

靴については悩むところですね。

長靴でいけるところであればそれが一番いいと思います。

しかし水位が高くなってきたり、潮干狩りに夢中になりすぎて気がついたら水が中にはいっていたというパターンもあります。

だったら濡れるの前提でいったほうが潔いですよね。

柔軟性を考えるとやはりマリンシューズが一番いいというように評判がよいです。

かなり身軽に動けるし非常に海での行動に適しています。

スポンサーリンク

持ち物や普段からの日焼け対策

服装だけでなく紫外線というのはどこからでも私達の肌を狙っています。

そんな紫外線からできるだけ守るためには服装だけではたりなくなってきますので、そのあたりのアイテムを紹介していきます。

目を守る

紫外線は直接肌にあたるのがよくないだけでなく、目からも吸収してしまうという特徴があります。

だからサングラスが必要なんですが、普通のサングラスだと景色も色合いがだいぶかわってきたりするのでその場合は偏光グラスを使用します。

これはカジュアルタイプですが、その他にスポーツタイプや帽子に引っ掛けるタイプ、眼鏡にひっかけるタイプなど様々ありますので、自身にあったものを選んでください。

日焼け止め

やっぱり日焼けと言ったら塗る日焼け止めをイメージする人多いですよね。

NALC PERFECT UV PROTECTウォータープルーフ

最近ではウォータープルーフはもちろん敏感肌タイプなど肌質に合わせたものやお子様向けのものなど開発が進んでいますので自身にあったものを選んでください。

飲む日焼け止め

近年ではサプリメントで普段から日焼け対策をする人も増えています。

通常の日焼け対策に合わせて普段から”日焼けしにくい体質”を作っておくというのもこれからの時代に必要になってきます。

noUV Care White

科学の進歩というのはほんとすごいですね。

スポンサーリンク

まとめ

潮干狩りは干潮の2時間前から干潮の1時間後の3時間が勝負といわれています。

潮干狩りに最適な日にちというのはおよそ日中に干潮がくるようになっていますのでその3時間炎天下にさらされる可能性もあります。

十分な休憩と水分補給をしっかりしながら安全に潮干狩りを楽しんでくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました