仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH)とは何?今後の価格予想

仮想通貨

仮想通貨初心者のころはビットコインイーサリアムなど時価総額ランキングでも上位を占めていくトップ3くらいはすぐに覚えられますよね。

でも初心者にとってビットコインキャッシュ(BCH)をいきなり買おうという人は少ないと思います。

そもそも初心者にとってビットコイン自体よくわからないことだらけなのですから・・・

この記事ではビットコインキャッシュ(BCH)について初心者でもできるだけわかりやすく説明して、理解できればと書いています。

ビットコインキャッシュ(BCH)の概要

概要

ビットコインキャッシュ(BCH)はビットコインからハードフォークという形で誕生した仮想通貨です。

ハードフォーク・・・仮想通貨(暗合資産)分野でアップグレードを込めた意味での分岐。もともとのものから新しい仮想通貨を作り出すこと。

誕生した2017年はビットコインの需要が急増していた状態で、送金の速度が遅延したり手数料が高騰するなどスケーラビリティの問題が多発していました。

こういった問題に対処するためにビットコインの利便性を高めるために本筋とは別のコミュニティが発足して、ビットコインキャッシュが誕生しました。

ビットコインのスケーラビリティ問題が発端となって世界共通の通貨として目指す理念に基づき、問題を解消するためのものがビットコインキャッシュです。

ビットコインキャッシュ(BCH)の特徴

特徴

ビットコインのハードフォークとして生まれたビットコインキャッシュ(BCH)はスケーラビリティの問題への対処が目的であったので、それ以外の項目に対してはビットコインと同じ仕様を踏襲しています。

それらの違いを表にしてみました。

ビットコインビットコインキャッシュ
ティッカーシンボルBTC,XBTBCH,BCC
発行開始年月2009年1月2017年8月
発行上限2100万枚2100万枚
コンセンサスアルゴリズムPoWPoW
トランザクション処理オフチェーンオンチェーン
ブロックサイズ1MB32MB

トランザクション処理はオンチェーンで推進

ビットコインでは利用者が増えるに従ってスケーラビリティの問題が深刻化してきました。

そこで対処を行った対処がブロックチェーンの外でトランザクションの処理をして、結果だけをブロックチェーンに記載するという「オフチェーン」の採用を進めてきました。

ビットコインキャッシュではブロックチェーン上ですべてのトランザクション処理を実施する「オンチェーン」を進めていこうという方針です。

ブロックサイズを32MBに設定

ビットコインではブロックサイズが1MBしかないためにトランザクション処理がオフチェーンになってしまいます。

ビットコインキャッシュでは32MBのブロックサイズを採用することでほとんどのトランザクション処理を透明性の高いオンチェーンのままできるという特徴があります。

安い手数料

ビットコインの利用者が増えてきて「デジタルゴールド」としての地位を固めてきた一方、スケーラビリティ問題や高い手数料によって決済のための通貨としての役割が薄くなってきました。

その問題を補っていくためにビットコインキャッシュは手数料を安く抑える取り組みを進めています。

ビットコインSVとのハッシュウォー

ビットコインキャッシュ(BCH)はビットコインからハードフォークとして誕生した仮想通貨ですが、さらに思想が異なるグループと分裂し、再びハードフォークが実施されて、ビットコインキャッシュとビットコインSVに分かれることになりました。

執筆時点ではビットコインキャッシュのほうが時価総額の点では上になります。

ビットコインキャッシュ(BCH)の今後の価格予想

予想

ビットコインキャッシュ(BCH)は「ビットコイン」という仮想通貨の代名詞が冠についていますが、いまいち知名度にかけます。

ただし今後ビットコインをはじめとする仮想通貨の市場拡大や知名度が上がって利用者が増えることによって価格が上がっていく可能性が高いです。

執筆時(2021年1月21日)でのビットコインキャッシュ(BCH)の価格は47030円です。

そして今までの最高価格は472815円(2017年12月21日)です。

本家のビットコイン(BTC)は2020年末から21年に最高価格を更新しました。

利用者や知名度増加によって需要の拡大が進めばいつこの価格(472815円)を更新してもおかしくはありません。

まとめ

ビットコインキャッシュ(BCH)はビットコインのスケーラビリティ問題を解消するためにハードフォークして誕生した新しい仮想通貨です。

基本的なところはビットコインの使用を踏襲していますが、決済の速さと手数料の安さでビットコインを上回ります。

今後の価格については知名度と利用者の増加にかかっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました