仮想通貨のビットコイン(BTC)とは何?今後の価格予想も!

仮想通貨

もはや仮想通貨の代名詞となっているビットコイン(BTC、bitcoin)ですが、そのビットコインを説明できる人というのはそこまで多くはないのではないでしょうか。

もちろん知らなくても取引自体はすることはできますが、これからの時代知っておいて損はないと思います。

この記事ではビットコインを初心者でも理解しやすいようにわかりやすく解説していきたいと思います。

5

ビットコインの特徴は5つ

仮想通貨の代表格であるビットコインの特徴というのはざっくり5つあり、以下に挙げていきたいと思います。

  • 管理する組織がない「非中央集権」の仮想通貨
  • 取引はP2P(ピアツーピア)で行うことができる
  • 資産をインフレから回避するための逃避先として考える「デジタルゴールド」
  • ブロックチェーン技術を使用したセキュリティとトレーサビリティ
  • コンセンサスアルゴリズムはプルーフ・オブ・ワーク(PoW)

非中央集権

非中央集権の仮想通貨

ビットコインはすでに暗号資産である仮想通貨の代表の地位を築きました。

何千種類とある仮想通貨の中で最も時価総額が高く有名なデジタル資産です。

ビットコインは銀行やクレジット会社などのような金融機関(第三者)をはさむことなく、個人間での電子取引システムを行うために誕生しました。

仲介することのないすべてのビットコインネットワーク参加者が管理に携わることができるという「非中央集権」の仕組みは、今後も注目される最も大きな特徴です。

取引

P2P(ピアツーピア)での 取引が可能

ビットコインはネットワークの参加者で取引の承認作業を行うことができるために、金融機関の営業時間に制限されることなく、24時間いつでもどこでも自由に送金を行うことができます。

この自由に自分の資金をコントロールできるコンセプトは、ビットコインに限らず多くの種類の仮想通貨が人気を集める大きな理由のひとつです。

デジタル・ゴールド

「デジタルゴールド」としての価値を持つ

ビットコインはどこかの組織の強い監視があるわけではなく、資産の移動などができるために、金(ゴールド)のように資産の逃避先としても注目を集めてきました。

デフォルト(債務不履行)によって自国の法定通貨がハイパーインフレで信用できなくなってしまった場合や、キプロス危機のように預金が封鎖されてしまうなど、不安を抱える人々からは国際的な価値を保存して退避させておくことのできるものとしてビットコインが選ばれたこともあります。

それはまさに限られた資源であるゴールドならぬ、「デジタルゴールド」といえるでしょう。

ブロックチェーン

ブロックチェーン技術によるセキュリティとトレーサビリティ

ビットコインはブロックチェーンという技術によって生み出されました。

ブロックチェーンは取引データを記録し、データの改ざんがほぼ不可能になる特徴があります。

信頼性と堅牢性においてブロックチェーンは第4次産業革命を支える技術として注目されていて、各国と企業は日々ブロックチェーンの未来性を探っています。

アルゴリズム

コンセンサスアルゴリズムはPoW(プルーフ・オブ・ワーク)

ビットコインはプルーフ・オブ・ワーク(PoW)とナカモト・コンセンサスという2つの仕組みによって、取引データの整合性を保っています。

新しいブロックを生成するために計算を行うプルーフ・オブ・ワークとそれらをひとつにまとめあげていくナカモト・コンセンサスによってビットコインのブロックチェーンは正しく、検証可能なシステムになっています。

誕生

ビットコインの概要と成り立ち

ビットコインの概要

ビットコインは電子マネーなどとは違って世界共通の通貨単位として通用し、少ない手数料や短時間で送金や決済するために開発された仮想通貨になります。

今ではもっと早く安く取引ができる仮想通貨もできてきていますが、ビットコインは発行枚数の上限が決まっていて、一定の信頼感ができてきたために価値の保存や投資としての目的も増えてきました。

ビットコインの成り立ち

ビットコインはサトシ・ナカモトという人物によって発明された世界で初めての仮想通貨になります。

ブロックチェーン技術を使用して、金融機関などの管理者を置くことなく、データの改ざんや不正に強い仕組みをもっています。

インターネットさえあれば世界中の誰とでも送金や決済などの取引をすることができるようになります。

そういった未来のデジタル技術としての期待感から価値が上がっていき、世界的に有名な仮想通貨という地位を得ました。

購入

ビットコインの購入方法

ここではcoincheck(コインチェック)の取引所を使用してビットコインを買う方法をしめしていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました